ポケモン柄の水筒肩ひもカバー

手芸店からのオーダー「水筒肩ひもカバー」
これ、子どもが小学生だった頃よく作った!!
水筒のひもが肩に食い込まないようにと親心満載の作成物
これから暑くなっていくし、必需品

このオーダー、だいぶ前に受けたのに、取りに行くのを忘れ、オーダーのことも忘れ、お客様に渡す前日に気づき、あわてて取りに行ってあわてて帰宅しあわてて作成しあわてて納品した
気づくのがあと1日遅かったらたいへんなことになっていたわ…
わりと簡単なオーダーだったのも助かった…地獄で仏?不幸中の幸い?
とにかくよかった~

こういうことが今後ないように気をつけねば…と肝に銘じなくちゃ!!

PEU CONNU(名古屋市中区大須)

友だちが教えてくれた大須のPEU CONNUへ
ステキな花屋さんで、あーこんなふうに庭をステキにしたい…と思ったけど、ズボラな私には相当の覚悟が必要

アジサイを購入し、玄関先に植えてみた
買ってきたときは薄水色だったのに、日が経つにつれて青さが濃くなってきた
これはこれでステキ♪
「倉木てまり」というヤマアジサイらしい

以前友だちからいただいたアジサイは蜂の巣を作られダメになってしまったので、今回は気をつけて育てるつもり

北野天満宮(京都市上京区)

北野天満宮を参拝

修学旅行の学生さんがたくさんいて、さすが学問の神様の神社だなと
我が家も今年度はふたりの受験生を抱えるので、微力ながらも祈ってきた
合格には本人の努力が不可欠だけど、私が祈って受かる確率が上がるなら何度でも祈ろう

ちょうど青もみじ苑が公開されていて、切り絵みたいなもみじがきれいでした

御朱印はかっこいいシンプルなもの
こういう御朱印が私好み

北野天満宮も駐車場無料
車で訪れる人にはありがたいかぎり

曼殊院門跡(京都市左京区)

娘の大学見学の待ち時間に、京都の曼殊院門跡へ
細い上り道を上がったところにある静かなお寺でゆっくり散策
皇室ゆかりのお寺らしく、皇族方が訪れた際の写真が多く飾られていた
庭園は霧島つつじが見頃
一見紅葉にも見えて「秋??」と思ってしまう

撮影禁止だったけど、社会の教科書でも見た幽霊の絵(狩野探幽筆)もあった
庭園もきれいだったけど、参拝者入口あたりの青もみじとつつじの小道がステキでした

御朱印は「黄不動尊」のもの
紙もちょっと黄色い

車で行ったので無料駐車場のあるお寺を選んで行ったけど、ここは車でなければ行けないかな?
タクシーを貸し切って訪れている人もいました
静かでまわりに何もなくて、ゆっくりと時間が流れている感じ
秋にも来てみたいな

桜井屋(京都市上京区)

娘の大学見学に付き添い、京都へ
お昼は北野天満宮近くの「桜井屋」にて、ひとり豪華に湯葉御膳をいただいてきた
肉も魚も使われていない精進料理だけど、満足満腹

北野天満宮に無料駐車場があるので、そこに車を停めて歩いてすぐのところにある
娘が無事大学に合格したらふたりで食べに行きたいな

若宮八幡社(名古屋市中区栄)

御朱印の友と若宮八幡社へ
4月限定のれんげの花御朱印がほしかったのだけど、それは朔日参り限定とのことで、ふつうの御朱印をいただいてきた

御朱印ビギナーの私としてはスタンダード御朱印でも満足なんだけど、だんだん限定ものがほしくなる
恐るべし、御朱印ビジネス!!
御朱印貧乏にならない程度に楽しまねばね

私は御朱印もらわなかったけど、三輪神社にも行ってきた
うさぎの神社だけど、猫の日御朱印があり、境内ににゃんこがいました

栗りん(名古屋市中区大須)

大須の「栗りん」にて、黄金モンブラン
ビジュアル最高のチョモランマモンブランにテンション上がりまくり
初「栗りん」なので、定番メニューを…と注文したが…減らない…頑張って食べてるのに減らない
甘さ控えめでおいしいのに、これは年のせいなのかも…だんだん気持ち悪くなってくる
セットの煎茶、塩昆布、水をあいだに挟みつつ、中のクリームとメレンゲは断念したが、なんとかモンブラン部分は食べ終えた(詰め込んだ)
中のクリームと焼きメレンゲがヘヴィなので要注意

ポテトコロッケ

今日は仕事もあまりなく、時間があったので、夕食にコロッケを作った
手間のかかるコロッケはなかなか重い腰が上がらないのだけど、お店のコロッケにはないおいしさがある
油の量を少なめにして揚げるので側面の仕上がりがイマイチだけど、よしとします

ブラウン系パッチワークのキッチンマット

キッチンマット3枚作成
ハギレを消費すべく頑張った
いつから取りかかり始めたか思い出せないほどの月日をかけてやっとこ完成
はじめは楽しみながら布の組み合わせを考えていたが、3枚目あたりになると、もうどーでもよくなってきて、同じ布がかさなろうが色合いが似ようが気にせずに黙々とつなぎ縫い
懐かしい布がたくさん合わさって、思い出たっぷりのマットに仕上がった

まわりのバイアステープもハギレで継ぎ接ぎ、ベースのキルティング地も使わなくなったラグマットを使用し、家計にも環境にもやさしいマットが完成し、かなり満足
ブラウン系のハギレがだいぶ減ったのもうれしい♪
汚れても惜しげなく使えるのもいいし、縫い合わせているからけっこう丈夫なのもいい

「キラキラ共和国」小川糸

以前読んだ「ツバキ文具店」の続編「キラキラ共和国」を読了
「ツバキ文具店」を読んでだいぶ経つので、「キラキラ共和国」を読みつつ「ツバキ文具店」をパラパラと読み、そーだったそーだったと思いながらの読書
温かさ・やさしさ・おもいやり・切なさに溢れた作品に目頭が熱くなってしまった
なんとなく、「ツバキ文具店」は過去への手紙、「キラキラ共和国」は未来への手紙なのかなと…
人に思いを伝えること&その人に届かないとしても自分の思いを表すことの大切さを感じ、それはどんな手段でもかまわないのだけど、文字・使う筆記具・選ぶ便箋・選ぶ封筒・使う切手など、たくさんの要素に自分の気持ちを託せる手書きの手紙はよりいっそう思いを伝えられるんだろうな…と思った

「ツバキ文具店」を読んだときは万年筆がほしくなって購入し、その後ずっと愛用している
「キラキラ共和国」を読み終えたので、また何か買いたくなるなあ