「大地のハンター展」

息子と名古屋市科学館「大地のハンター展」へ
密林のハンター、草原のハンターなど、いわゆるカッチョいい獣たちの展示で始まり、悲しいかな、猫を飼っているせいか、ネコ科の動物が全部ネコに見えてしまう

フェネックは我が家のみかん、マヌルネコは我が家のぽんずを彷彿とさせる

そして爬虫類や昆虫のハンターコーナーは、なかなかのグロさで泣き叫ぶ小さな子たちが多発
モグラやコウモリの展示はウヘーと思いながらも、モグラの標本がネコのゴメン寝に見えてしまう私…完全にネコにやられてる

こちらの2枚はTHE ALFEEの坂崎さん提供の写真
坂崎さんは両生類・爬虫類・熱帯魚を飼っていて、飼う爬虫類は他のTHE ALFEEメンバーとの取り決めですべてて「足を使い移動するもの」に限られ、「蛇を飼ったら解散」という取り決めがあったんだって

帰りにスタバで一服して帰ってきた

今月息子は修学旅行に行くが、集合場所が名古屋駅で電車で行かねばならず、ふだん車移動が多い我が家では電車に慣れていないので、練習も兼ねてのお出かけ
まあなんとかなりそう

「大地のハンター展」の前に大須に行き、名古屋駅→大須→名古屋市科学館は徒歩だったのでめちゃくちゃ歩いた
連休最終日、やっとお休みらしいお出かけできてよかったよかった♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

(Spamcheck Enabled)