Archive for the ‘お仕事’ Category

手芸店のオーダー加工のお仕事

水曜日, 10月 10th, 2018

今年のはじめから新しい仕事を始めました
手芸店からオーダーを受けて、キンチャク袋とかバッグなどを作成する、というお仕事です
仕事と言えるほどガンガン入る仕事ではなく、オーダーが入ったら電話で連絡が来て、布などを受け取りに行き、家に持ち帰って作成し、後日納品するという感じです

どこの誰かもわからない人からのオーダーを受けるのは何だかドキドキします
布も決まっているから裁断も間違えないようにしなくちゃと何度も確認しているし、ふだんもそれなりにていねいに作っているつもりですが、やっぱり緊張感が全然違います
作成したものをお店に納品して、サイズが合っているかなどなどチェックされるのだけど、これがまた緊張する…
OKが出るとほっとします

年度末はけっこうオーダーが入り、それなりに忙しかったのですが、新年度になってからパッタリオーダーが来なくなり、もしかして忘れられてしまったのか、それともいくつか作ったけれどもダメだなこいつはと思われたのかなどなどとちょっと心配でしたが、先日久々にオーダーが入り、ほっとしたのでした

このお仕事のいいところは、確実に売れるものを作るので収入につながること
ネットに出品しても売れるかどうかもわからないし、いつ売れるのかもわからないし、それよりは確実かなと…
とはいえ、定期的にオーダーが入るとも限らないので、確実な収入とまでは行かず、お小遣い稼ぎ程度ではあります

収入は加工料から消費税を抜いた半分です
手芸店が半分持っていくって、けっこう多くないかい??とも思ったのだけど、ネットに出品しているものよりも高いし、布などの材料は支給だし、ネット販売に比べるとまあまあかなとは思っています

あと、いろんな布に出会えるのも楽しい
自分では絶対に選ばないような布を使って作るのもけっこう勉強になるものです
キャラクター布など、「なるほど、こういうのが流行ってるんだなあ」「こういうの好きな時期ってあるよね〜」と思いながら作っています
こういうのもいいもんだなあと思うこともあるし、これはちょっと…と思うこともあるけど、他の布で作ったらもっとステキだろうなと想像したりするのもなかなか楽しい♪

一応レシピというか、作り方のプリントもいただけるので、それもちょっとうれしいです
作り慣れているきんちゃく袋やシューズバッグなども、違う作り方だったり、サイズも違ったり、「なるほど、世の中ではこれがスタンダードなんだなあ」などと思ったり…
だいたい私は自己流ばかりなので、きちんとしたレシピっていうのをしっかり見て作ったことがなかったので、きちんと見るのは勉強になります

まあそんなこんなで、細々と始めたお仕事ですが、続けていきたいと思っています

在宅の仕事、辞めました

土曜日, 3月 16th, 2013

3月に入ってから毎日ブログを更新している私
けっこう長い文章書いてるなあ…

というのも、2月いっぱいで仕事を辞めて時間ができたからです

これまで在宅でWEBページ作成や更新の仕事をしていたのだけど、仕事を始めた当初から「この会社はちょっと…だなあ」と感じていたのが的中し、もうこれ以上はこの会社とはやっていけないと悟り、辞めるに至ったというわけ

この仕事の愚痴は以前書いたとおりで、辞めようと気持ちが固まった引き金は、会社の更新ミスを私のミスだと思い込んで責めて来たにも関わらず、私が「それは会社のほうで更新されたものです」とメールしたら、だんまりを決め込んだことでした
「もうあかん…やってられへん…」と急に関西弁になってしまったよ(笑)

息子が保育園に入園する前からやっていた仕事なので、2年以上続けて来たのだけど、今思うによう続いたなと自分を褒めてやりたい気持ちです

世の中つらいこと・たいへんなことは山ほどあるわけで、特に仕事となれば我慢しなければならないこと・目をつぶらなければならないこと・水に流さねばならないことは多いはず
この仕事をしているあいだ、何度も「何なのだ、この対応は」と思うことはあったけど、そのたびに「間違いや不手際を指摘するよりも、円滑に仕事をすることを優先するべき」だという気持ちを持って何とかやってきたつもり
これはきっと試練なんだ、この人間関係を克服すれば、この先どんな職場でもどんな人とでもやって行ける…なんて思いながら(笑)
でも…そういう気持ちを持っていることすら馬鹿らしくなるほどの対応に参ってしまいました

私なりにいろいろ悩んだけど、辞めるという決断をして、実際に仕事を辞めて、これでよかったんだと今は思えます
ただ、人を見る目・会社を見る目のある人はもっと早い段階で見極められたんじゃないかとか、そもそもこういう会社と巡り会ってしまったこと自体が私の人望のなさを物語っているのではないか…なんて気持ちにさせられるのだよね〜

この仕事をして学んだことも多いし、結果的に自分のスキルアップにつながったわけだから、そちらに目を向けてよしとしようという思いもあります
在宅でそこそこ稼げる仕事でもあったし、いくつかWEBサイトを作成して、自分はこういうことができますというサンプルができたのは今後につながるはず…

本当は息子が小学校に入学するタイミングで在宅の仕事を辞め、外で働き出そうかと思っていたのだけど、息子は入学まであと1年あるから想定外の出来事ではあったわけで…
今年は小学校入学前の準備で療育が忙しくなるし、外で働く仕事を見つけるのはちょっと厳しそうだし、かといってこれから在宅での仕事を見つけるのもどうか なとも思うし、だったらこの1年間は息子の療育とあとソーイングのスキルアップに頑張っちゃおうかなあ…などと思ったりしています

実質的には、一応ずっと面倒を見ているWEBサイトがあるので、完全に仕事がなくなるわけではないのだけど、月に数時間程度の作業で済むし、「仕事をしています」と言えるものではないのだよね

だから、今の状態に慣れてしまっては行けないという思いもあって、期間限定でのびのびするのはいいけど、ちょっと怖い気もしています

でも…とりあえず今月いっぱいはゆっくりしたい!!
在宅の仕事は土日祝日もなかったから、休みの日は早起きして仕事をしていたし、内職の割には高収入だったけど、時給に換算すると割に合わないと感じることも多々あったし、家で仕事をするからずっと仕事から解放されない状態がなかなかしんどかったなあ

今月はこれまで頑張って来たごほうびだと思ってちょっとだけ羽根をのばすつもりです

在宅お仕事はつらいよ

金曜日, 1月 25th, 2013

在宅でWEBページ作成・更新の仕事を始めて2年あまり…
家で仕事ができるっていうのはいい面もいっぱいあって、子どもが保育園や学校を休んでも調整が効くし、移動時間がないし、実家に帰ってもネット環境さえ整っていれば仕事ができるし、在宅での仕事にしてはけっこう稼げるし…

でも!!

でもでも!!

ちょっと最近参っている…

というのも、仕事を依頼してくる担当者が最近ものすごーくキツい
メールだけのやり取りだからなかなか意思の疎通が難しいときもあって、相手が言わんとしていることがわからないことも多々あるのだけど、何て言うか、私がわかるようにわかりやすく説明しようという気持ちが微塵も感じらない
どう考えても説明不足にしか感じられないんだけど、相手はそれで「伝えた」と思っているみたいです

昔上司に「伝えたかどうかは、自分が伝えたではなく、相手に伝わって初めて伝えたと言える」と言われたことがあったけど、ほんとにそのとおりだなあと今さらながら思います

こちらが相手の意図を読み誤ると「間違っています」と非難メールが届き、相手の説明が不十分なので詳細を質問すると「そんなこといちいち言わなくちゃわからないんですか」という雰囲気ムンムンのメールが届く

「どないせえっちゅうーねん!!」と叫びたい気持ちになります

それに、例えば何かの依頼作業をやって、「ご確認ください」旨のメールを送っても、「確認しました」のメールが返信されることはほとんどないし、こちらが何か質問しても返答がいときにそのままほかっておくと、「返答がない場合は再度メール願います」などとメールが来たり…

作業依頼をするほうは何を私に依頼したか管理していないみたいで、「依頼された作業を一覧にまとめて送って下さい」なんて依頼が来たり…

キャンペーンなどのバナーを掲載し、その期限が切れる一週間前にこちらから「期限が切れますよ〜」とメールしろというくせに、「こちらから指示がなくても期限が切れたら削除して下さい」なんて言われるし…
「お前は何者じゃ?」と言いたくもなります

先方の都合で価格が変わったのなら、「価格が変わったので修正して下さい」と依頼が来るのならまだしも、「価格が違っています。修正して下さい」とメールが来たり…

そして私がミスをするとこてんぱんに非難してくるのに、自分がミスしたときには決して謝らない(笑)
メールすら来ない(笑)
もーやんなる

こんなことが日常茶飯事なわけで、ときどき「やめたい…」という気持ちが沸々と湧いてきます

思えば、この仕事を始めたとき、あまりにも丸投げすぎて不安になったのだよね
何の情報もなく、WEBサイトを作れと言われても、そんなんでいいの?って思いつつ、とりあえずやってみようとやりはじめたんだっけ…
その丸投げっぷりは今も変わらないけど、今は勝手に作ったものにあれこれケチをつけられることが増えている気がします

どんなイメージで作ったらいいのか、はじめに伝えてくれれば、そのイメージで作るけど、こちらが作ってから「イメージが違う」「もっとやわからい感 じにしてほしい」「色が合わない」などなどなどなど、まあそういうことは仕方ないけど、もうちょい「伝えて」くれないものかしら…と溜息が出ます

はじめから感じていたのだけど、この会社の社員みんながそういう感じなので、たぶん上に立っている社長さんがそういう人なんだと思う
社員って恐ろしいほど社長によって性質が変わるものだよね
きっと社員同士も冷たくてキツくてひどいメールがやり取りされてるんじゃないかしら…
そんなんだから関係ない人にもはじめっから冷たい対応になってしまうんだろうなあ…

「人の振り見て我が振り直せ」じゃないけど、自分も同じような冷たい態度をしたら同類になってしまうと思って、何か依頼するときには「お手数をおか けします」の一文を加え、こちらにミスがあったときには「申し訳ありませんでした」の一文を加え、依頼に応えてもらったときには「ありがとうございまし た」の一文を加え、「大人」な対応をしてきたつもりだったけど、今やりとりをしている担当の人は頑なに冷たいままなのだよ…トホホ

ときどきものすごーく理不尽なメールが来て、「フンガー!!」となり、「一言言ってやりたい!!!」と思うこともあるのだけど、ここで一言言って相 手が「すみませんでした」なんて気持ちになることはないし、そんなことをすればますます冷たい態度をされて私が困ることになるだろうし…と、「了解しまし た」と一言書いて返信している私ですが、実は「返信できないメール」を書いています(笑)
本当はこう言ってやりたいってことをダダダッと書いて、ただ保存しておくだけなんだけど、けっこうスッキリするから不思議です
間違って送っちゃわないように宛先はからっぽにするのを忘れないように気をつけてます
こんなことしているなんて、私ってけっこう陰険だなあ(笑)

仕事なんて、在宅だろうとなんだろうと、「コンチクショー」って思うことはたくさんあると思うのだよね
そんなこといちいち気にしていたらやってられないし続かない…
だからこちらが大人になって冷静に穏やかに対応していくつもりです
イライラしたりキレたりするのは年をとってからやると恥ずかしい気がするし、幸か不幸か私は相手と顔を合わせずに済むわけだから、一呼吸置いて落ち着いてからメールを書くこともできるし、「私も大人になったもんだ…♪」と自己満足するようにしようと思っています

「そう…これは試練なのだ…こういう人たちに対し怒らずイライラせず接する勉強をしているのだ…この人たちに対応できれば、これから先の人間関係もやってけるはず…」などと超前向きに思ったり…(笑)

昔は言い返したりもしてたけどね…今はいい意味でも悪い意味でも言い返す気力がなくなってます
年のせいもあるなあ…絶対に
年をとると丸くなると言うけど、こういうことなのかしら?

期間限定の外でのお仕事

金曜日, 12月 16th, 2011

久しぶりのブログ更新です

実は私ここ1ヶ月くらい外で働いていました
だいぶ前に登録してあった派遣会社から10月の下旬に電話があり、期間限定でWEB関連の仕事があると紹介されました
WEBページをリニューアルするのでその移行に伴う作業を手伝ってほしいとのこと
フルタイムで一週間程度の仕事…「やってみたい♪」と思ったのですが、フルタイムとなると娘の放課後クラブの登録やら息子の延長保育の申請も必要になる し、金曜日は息子の療育の日だし、無理だなあ…と思って断ろうと思っていたら、先方から9:00-14:00でもよいよ♪金曜日休んでもいいよ♪などと言 われてしまい、それじゃあ引き受けるしかないじゃん…!ということで、働くことになったのでした

フルタイムで一週間の仕事なので短時間で週4日間でこなすとなると、二週間と2日の勤務になります
家でやっているWEB作成の内職もあるし、仕事の掛け持ちになってたいへんだろうけど、でもそれくらいだったら何とかなるだろう…そんな気持ちでいました

でもでも…私が甘かった(笑)
実際に働き出したら次から次へと仕事が増えていきます
はじめはWEBに掲載する商品の画像作成を…と言われていたのだけど、データベース作成みたいな仕事やらデータ入力やら、どう考えても10日間で終わるとは思えない量…
引き受けた仕事だから責任もあるし、ちゃんとやるつもりではいたけれど、終わりの見えない仕事に不安が募りました
10日間では終わらないだろうなあ…2週間くらいかな…とはじめは思っていたのが、気がつけば3週間目に入り、気がつけば月が変わってる(笑)
自宅でやっているWEB作成のほうはだましだましナントカやってるけど、うーんもうちょっと限界だなあ…と思いつつも、ごまかしごまかし綱渡りしているようなそんな状態でした

やっと終わったのが12月の2週目…
正直ほっとしています

自宅で仕事はしていたけど、子供が生まれてから外で働いたのは今回が初めてで、いろいろと感じたこと・考えたことがありました
ひとつは、やっぱり働くってたいへんなことだなあってこと
パートタイムと言えども必要とされて働くわけだから、それなりの成果を出さなくちゃいけないし、ミスがないようにしなくちゃいけないし、責任の重さを感じました
一度下の子が風邪を引いて休んだ日があったのですが、どうしようもない理由だったとしても、休まなければならないことが本当に申し訳なくて、本当は休むつもりだった息子の保育参観の日は「息子よ、すまない」と心の中で謝って仕事に向かってしまいました
私の場合1日の勤務時間が短いし、金曜日は行けないし、数少ない勤務日を休むのはなかなかできないなあ…という感じでした
家での仕事もそれなりにたいへんだけど、やっぱり外での仕事ってまた違ったたいへんさがありますよね

あと…「オトコは役に立たない」のも強く強く強ーく実感(笑)
朝8時に出ないと行けない私は、息子を保育園に8時きっかりに預け、ダッシュで車でGO!!の日々だったのですが、8:20くらいに家を出るだんなさんが「俺が保育園に送って行こうか?」なんて提案、まったくでてきませんでした〜
一度小学校の旗当番(横断歩道のところに立って小学生が無事に渡るのを見届ける当番)があって、それが7:50からで、息子を保育園に送ってくれるようだんなさんに頼んだのですが、「え?俺が?保育園に?」などと、まるでとんでもないことを私が頼んだかの言い草!!!
結局送ってはくれたけど、こういうどうしようもない状況でもこういう反応ですから、とてもじゃないけど毎日なんてやってくれるわけがないし、そのたびにヘコヘコ頼むよりは自分でバババッとやったほうが気が楽だわ…と思ったのでした
きっとうまーくやる人は、「あなたに送ってもらうと助かるわ〜ありがと〜チュー♪」くらい言うんでしょうけどね〜私にはできないわ(笑)

あと…外の仕事に行く前は「あーもっと時間がほしい、自分のための時間がほしい」って思ってたけど、仕事で忙しくしているあいだはやらなくちゃいけ ないことをする時間すらなくて、今外での仕事を終えて家事やら内職やらをきっちりこなせるようになって、「十分時間はある」と感じています
この気持ちを忘れないようにしなくっちゃ…です

私が働いていた会社は塗料屋さんで、昭和のたたずまいみたいな小さな会社なのですが、みんなすごくいい人たちで、あったかくて、協力し合って仕事しているという雰囲気で、どこぞのお互いに責任のなすり合い・ストレス発散の仕合いをしている会社とは全然違っていました
こういう会社で働いていたら自然と穏やかな人になれるんじゃないかしら…と思い、短いあいだでも仲間に入れてもらって本当に楽しかったです

期間限定のはずが延び延びになってかなーりたいへんだったけど、無事に終わってよかったです
少しはお役に立てたらよいし、臨時収入ができたのもうれしい♪
今回の臨時収入はパアッと使うつもりです
おいしいものを食べに行って、だんなさんと子供たちにちょろっと買ってあげて、残りは私が全部使おうという計画です
振込日が待ち遠しい♪

WEB作成の仕事

日曜日, 3月 6th, 2011

本当なら来年度春からそろそろ外に働きに出ることを考えたかったのですが、息子が毎日保育園に通えるようになるまでまだしばらくかかりそうだし、正直目処も立っていないし、いつ外で働けるようになるかまったく見通しが立っていません
私が働かなくてもまあナントカやっては行ける状態ではあるものの、いずれは仕事を持って働きたいと思っている私としては、仕事をしていない期間がどんどん長くなっていくことにちょっと不安を感じていました
それに、息子の療育には多少なりともお金がかかります
小児科での療育・母子通園施設での療育・療育グッズなどなど、月1万円までは行かないにしても、出費は確実に増えているわけで、それなら少しでも仕事をしていくべきだとも思いました
新聞の不動産チラシ集めの仕事は正直あまり家計の足しにはならないし、やっぱり家でできてお金になりそうな仕事と言ったらWEB作成だけど、なかなかいい仕事ないよなあ…と思っていたところ、月5万円以上の委託WEBデザイナー募集の公告を見つけ、「これだ!」と思って早速応募しました

会社は市内だし、内職で月5万円はかなりの魅力です
簡単な面接をし、即採用となったのですが、ものすごい仕事量の嵐になるのではないかと冷や冷やしながらスタートしました

最近は…たしかに仕事に追われています
朝の時間も、昼間の息子のお昼寝の時間も、ほとんど仕事につぎこんでいます
それでも…「まあなんとかやっていけなくはないかな」というかんじ…しばらくはこれを続けていこうと思っています

とは言っても、はじめからこう思えたわけではなく、はじめはその会社の丸投げっぷりにびっくりおったまげてました
『○○のWEBページを作って下さい」と依頼が来たとしたら、たとえばそれに使う画像とか文章とか、主要なことは提供してもらえるものだと思っていたの に、「お任せします」だの「似たようなサイトを真似て作ってみて下さい」だの「画像はないのでダミーを入れておいて下さい」だの、「おーい、WEBページ 作ってもらう準備できてるんですかあ〜?」と叫びたくなるほど丸投げ状態…
そうやって作ったページを頭ごなしに否定されて作り直しになって、ちゃんとできてないからお金払えませんなんてことになったらどうしよう…という不安を悶々と抱えつつのスタートでした

「とりあえず1ヶ月やってみて、それでそんな状態だったらやめよう」…そう思ってスタートしたのですが、丸投げもいい部分もあって、ある程度任せてくれるのは悪くはないかも…と思えています
私の今持っているWEBデザインスキルでやっていける仕事だし、苦手なプログラムの部分(CGIやPHPなど)はフォローしてもらいつつ学んでいけるし、私が作ったデザインでほぼ通るので、「合うのかも…」と感じています

来年度から息子も少しは保育園に行くことになるし、今よりも時間は取れるはずだし、そうすればもう少しゆとりを持って仕事も生活もできるんじゃないかなあ…と思います

外に働きに出るのはまだまだ先になりそうですが、今の状態でできる仕事を見つけられたのはラッキーだったかもしれません
これから先ずっとやっていきたい仕事だから、たいへんだけどやりがいがあるし、生活にメリハリができてきた気もします
「こうならないとできないな」「これが終わってからにしよう」と言って先延ばしにしていると、ずっとできないかもしれないし、思い切ってはじめてよかった…と思えます

外で働くことを考えたら月5万円なんて大した額じゃないけど、でも家でできる仕事で毎月確実に入るのってなかなかないと思います
たかが5万円、されど5万円です
私にとってはかなりの「高収入」(笑)
これを貯金にまわしていけば、住宅ローンの繰上返済もどんどん進むはず…でもちょっとは自分にも使いたいなあ…と思っています

チラシ収集のお仕事

土曜日, 2月 5th, 2011

働きたい気持ちはあれど、いろいろあってなかなか実現できないでいる私ですが、去年の秋あたりからちょっとした仕事をしています
それは…新聞についてくるチラシを収集するお仕事♪
不動産関連のチラシを集め、新築一戸建てのチラシだけはエクセルにデータとして入力する…というお仕事です
期限でまとめてデータと収集したチラシを送付しています
これなら私にもできるお仕事…(笑)

収入は、月額2,000円というスズメの涙ほどですが、これも発想の転換で、「新聞代が1,000円になった」と思うことにしています
それに…不動産関連のチラシは土曜日に入ることが多いので、作業としては月に4日程度、データ入力も30分はかからないので月2時間弱とすれば時給1,000円になるわけで、これだけの簡単作業にしてはかなりの高額収入だとも言えます

たまにどかーんとチラシが入って来てあたふたすることもありますが、繰り返しのチラシもあるので、そういうときはデータをコピーペーストすれば済んでしまうし、それほどたいへんな作業ではないです
とりあえずこのお仕事は依頼される限りずっと続けていくつもりです

おかげで近辺の不動産情報にめちゃくちゃ詳しくなった私(笑)
どこにどんな新築が建っているか、どの物件が売れたか、価格がどれくらい下がったかなどなど、1時間くらい語れそうです

洋裁のお仕事

土曜日, 6月 19th, 2010

4月に一時就職活動をしていたときにいくつか面接を受けたのですが、そのときのことです

私は以前WEBページ作成とかページ編集などの仕事をしていたので、もし働くとしたらそういう仕事をしたいなあとは常々思ってはいたのですが、探してみるとこういう仕事は残業しなければならないことがとても多いんですよね
定時で帰るとしても保育園のお迎えには間に合わないので延長保育を頼むことになるのに、残業となれば延長保育のお迎え時間にだって間に合わなくなりそうだし、そんな状態で育児と家事をこなしていけるのか…本当に心配になりました
それで、もっと他の仕事で私にできるものはないかなあと探していたら、近所の大型ショッピングモールに入っている洋服のリフォームなどをするお店の求人を見つけました
子供の頃から何か作るのは好きで、きんちゃく袋とかランチョンマットとか、ちょっとしたものは作っていました
仕事をしているあいだはあまりやらなかったけど、子供が生まれるときには、布団カバーを作ったり、ちょこちょこ作っていました 子供が保育園に入るときに必要なもの(お昼寝布団のカバーとか歯ブラシ入れとかコップ入れとか)は手作りできるものは作ってきました
去年の夏あたりから子供服を作りはじめ、この1年でかなり腕も上がった気がします
ミシンを使うのはすごく好きだし、こんなお店で働いたら洋裁の腕も上がって、学びながら働けてとってもいいんじゃないか…そう思って、がらっと職種を変えるのもいいかもしれないと思い、とりあえず面接に赴いたのでした
正直私はウキウキでした
ショッピングモール内にあるから、お昼休みにちょっと買い物もできるし、帰りには食料の買い物もできるし、なかなかいいんじゃないかなあと、いろいろ思い描いていました
洋裁の腕もメキメキ上がって、自分の服やだんなさんの服も作れるようになって…と思い描いてもいました
そんなかんじで面接に赴いたのですが…店内に入って自分がとても場違いなところに来てしまったことに気づきました
当たり前だけど、お店においてあるのは工業用ミシンばかりです 私が使っている家庭用ミシンとはだいぶ違います 音を聞いているだけで、何だか本格的でまるで工場にいるみたいでした
お店のオーナーの方が対応してくれたのですが、洋裁学校を出たわけでもなく、洋裁で仕事をしてきたわけでもない私を正直どうしたらいいのかわからないというかんじでした
ここで働くにはすぐに縫えないといけない、ただ縫えればいいのではなく、商品を扱うのだからきれいに速くできなくてはいけないと言われました
「ちょっとさわってみる?」と言われ、工業用ミシンを使ってみたのですが、やはり使い勝手が全然違って、うまく行きませんでした
やっているうちに多少慣れてきて、時間をかければできるようになるような気配はしたものの、今の自分の技術ではとても使い物にならないことを思い知らされた思いでした
お店に売っている服を見ると、本当にきれいに仕上がっていますよね
縫い目もそろっているし、ピシッときれいです
あれができなくちゃいけないんです
家で作るものは多少縫い目が曲がっても「ま、いっか〜」で済ませられるけど、仕事となるとそうは行きません
ちょっとでもはみ出したらほどいてやり直し…でも何度もやり直ししたら生地が傷みます
いちばん簡単なズボンの裾上げなど、失敗しないでできて当たり前なのだそうです
実際にやってみたのですが、とてもじゃないけどプロの仕上がりではありませんでした
本当に恥ずかしいほどの出来映えでした
ミシンに慣れていないというのもあるけれど、自分の洋裁の技術は本当に大したことないんだということを思い知らされた気持ちでした
オーナーは、今すぐに雇うことはできないけど、何日か通って、練習して、そして技術を身につけたら働いてもらいたいと言ってくれました
とてもいい人でした
でも、下の子を預けるには仕事が必要で、雇用証明を出してもらえないまま何日か通って練習することができません
事情を話し、「お騒がせしました」と頭を下げて帰って来たのでした

たかだか1年足らずの洋裁経験だけで、しかも子供服だけだし家庭用ミシンで作ってるだけなのに、よくもまあ面接に行ったものだとほとほと呆れてしまいました
洋裁学校で勉強した人が、技術を身につけるためにこういうところで働いているくらいなのに、私みたいなペーペーに一体何ができるのか…もう少し考えればわかったはずですよね
もうほんとに恥ずかしかったです
子供服だってほんとに基本的なことしかできてないし、無料であげることはできてもお金をもらえる作品ではありません
身の程知らずと言うか恥知らずと言うか、自分で自分に呆れて溜息ばかり出てしまいました

だんなさんに話すと「そりゃあそうだよなあ」と妙に納得していました

店内で働いている人をちょっと見ていて思ったのですが、もうほんとに職人でした

作業は早いし、使っている機械もプロ用というかんじだし、ミシンもいくつもあって、アイロンだって家庭用のものとは全然違うし…
仕上がりは本当にきれいだし、プロでした
何年も何年もやっているんだろうなあという感じがしました
でも、そのわりに時給が安い気がします
技術を身につけての仕事なのに、女性の仕事だからでしょうか…
技術が必要な仕事なんだから1,500円くらいあっても足りないくらいじゃないかと思ってしまいます

今回のことで、もっと洋裁ができるようになりたいとも思ったけれど、プロではなく、家庭用ミシンでそれなりの作品を作れるようになることをまずは志してみるべきだと思いました
子供服だけじゃなく、自分の服も作ってみようかと…今の私はその段階です
これから先洋裁を仕事にできるようになるかはわからないけど、それよりも今自分に身についている技術(WEBとかDTPとか)を伸ばしていくべきなんじゃないかと、そう思いました
いくつになっても何か新しいことを始めるのは可能だけど、ちょろっとかじっただけでは使い物になるわけではないということは肝に銘じておかなくてはいけないのだと思います
私のWEBやDTPの知識だってものすごいものではないし、まだまだ学ぶこと、身につけていかなくちゃならないことはたくさんあります
洋裁は趣味として続けていきたいけれど、仕事にできるにはほど遠いのだということがわかりました

いろいろありますが、いろいろと頑張っていこう…そう思ったのでした

パート型派遣

木曜日, 6月 3rd, 2010

子どもを保育園に預けられる目処がついて、さて仕事を探そう…!となったものの、いきなりフルタイムで働くのは本当に勇気が要りますよね
いちばんのネックは子どもを保育園に預けることで、いきなり延長保育も、というのは親としてかなり不安になります
でも、フルタイムで働くとなると、終業時刻は通常の保育園のお迎え時間16:00を過ぎるのは確実です
働く場所が近くならいいけれど、ちょっと離れていると、仕事が終わってお迎えに行くまでに時間もかかるし、そうなるとさらに遅くなってしまいます
そういうわけで「なるべく早い時間に仕事を終わりたい」というのを条件で仕事を探していたのですが、当たり前ですが、不採用の連続になってしまいました
私の能力云々の前に切られてしまうような、そんな気持ちでした

それで…毎日フルタイムで働くっていうのはかなり厳しいのかな…と思い始めていたときにネットで見つけたパート型派遣というもの
これは派遣社員として働くのだけど、はじめから週3-4日とか1日5時間といった条件の仕事になります
こういう形の派遣があるのは知らなかったので、「これならやっていけそうかな」と思えて、少し気持ちが楽になりました
その派遣会社はエンプロという派遣会社で、気になる仕事があったので早速登録に行ってきました
スキルチェックをしたり、過去の仕事のことを話したり、どんな仕事をしたいかなど、担当の人といろいろと話したのですが、子どもがいることを念頭においての話し合いだったのでとても気持ちが楽でした
ふつうの派遣会社に登録したときに、「朝は多少早くてもかまわないので早めに仕事を終わりたい」と言ったら、「うーん」と悩まれてしまい、「そんな仕事は ないかも知れません」と言われてしまい、まるで仕事を始める資格がないかのようにあしらわれてしまい、結局仕事の紹介もしてもらえていないし、子どもを抱 えて仕事をすることのたいへんさを思い知らされた気分でした
でも、エンプロの担当者はそれをそちら側から理解を示してくれる…これがとてもうれしかったです
子どもが小学生くらいになればまた変わってくるかも知れませんが、下の子はまだ2才だし、「そうですね、まだお子さん小さいですからね」と言ってくれます
「ああわかってもらえるんだ」という気持ちになりました
担当の人も子どもがいるらしく、私の気持ちはよくわかるのだと言ってくれるし、子どもがいなかった頃、時間を気にせずに残業もバンバンやって働いていた頃はなんて自由だったんだろう…などと話したり、共感できることがたくさんありました

こういう形の派遣があるのは、子育てでいったん仕事を離れた女性にとってはかなりうれしいのではないかと思います
育児休暇を取って今まで働いていた会社に復帰するというのがいちばん確実な方法だけど、そうしなかった人にとっては、仕事を再開するというのはかなり難しいことだし、まずは少しずつ…ということができるのが理想ですよね
代わりに、といってはなんですが、通常よりも少し時給が低いかな、という気持ちはするものの、そういうメリットが企業側にもほしいのだろうし、極端に安いわけじゃないからまあ妥当かな、と思います

残念ながら、ここで紹介してもらった仕事は先方から能力不足ということで断られてしまいましたが、また仕事はでてきそうだし、また何かよさそうな仕事があったら紹介してもらいたいと思っています

転職の落とし穴

火曜日, 12月 22nd, 2009

実は10月にだんなさんが転職しました
今までいた会社は思いっきり自動車関係で、自動車業界の不況の波をどーんと受け、仕事がありません状態となり、設計にいただんなさんは営業にかり出され…という状態でした
ボーナスも出ないし、月給も減ったし、他にいい仕事があれば…と探していたところ、わりと近くでいいところが見つかり、転職しました
このご時世に転職先が見つかったこと・今よりも条件がよくなることから、私もだんなさんもウキウキしていたのですが…、今月我が家は火の車です

というのも、今までの会社の給与は、当月20日締め当月末払いだったのに、新しい会社は先月末締め当月末払いだから…
10月の末に転職したので、10月の給与は前の会社から入りましたが、11月は10月末にチョロロンと新しい会社に行った数日分しか入らないというわけ
実際には11月分を12月の生活費に充てるので、今月は一体どうやって暮らしていったらよいのか、頭を悩ませています
とても足りないので貯金を切り崩すしかないのだけど、転職しててでボーナスは出ないから、住宅ローンのボーナス払い分は貯金から…と思っていたので、それにプラスして12月分の生活費をも貯金から出さなくちゃいけないとなると、けっこうな額になります
しかも12月です!師走です!年末です!
いろいろと出費の増える月に何でまたこんなことになってるんでしょうか
昔話じゃないけど、「お正月も向かえられない」とぼやきたくなるくらいです
一時のこととは言え、非常に苦しいです

さしあたってできることは、外食を減らすことでしょうか
今までだってそんなに外食はしていなかったけど、週末になるとついついめんどくさくなって外食をしていました
他にはとにかくものを買わない…元々あまりものを買わないほうなので微々たるものなんですけどね
それから…今まで満足感や達成感を味わいたくて手作りの服やら小物やらを作っていましたが、節約のための手作りになってきています
これもまた微々たるものですが、少しでも支出を抑えるためにはかかせません

というわけで、この年末年始はふだんの月末月初と変わらないくらいふつうの生活になりそうです
まあお雑煮くらいは作ろかな…