名前が先か、名字が先か

バンクーバーオリンピックを見ていて思ったのですが、日本人選手の名前は「名前・名字」の順で表示されていますが、中国や韓国の選手の名前は「名字・名前」の順で表示されていました
名字は大文字で表示されているのですぐにわかります
「山田花子」だったら「Hanako YAMADA」「YAMADA Hanako」となるわけです
これを見ていて、なぜ日本は英語表記のとき、名前を先に表示するのだろう…と思いました
英語圏などではふだんから名前がはじめで、そのあと名字が続きます
中国や韓国では自国でも名字が先に来て、名前があとになり、英語表記のときにもその順番です
日本では、ふだんは名字が先に来ますよね
中国や韓国と同じなのに、なぜ日本人選手の名前は英語表記になると名前が先に表示されているのでしょうか

想像ですけど…日本人というのはよくも悪くも相手に合わせようとする性格があるからなんだと思います
いつの時代のことかはわかりませんけど、はじめて英語圏の人たちと日本人が触れ合ったときに、英語圏では名前を先に書くことを知り、英語で氏名を書くときには、名前を先に書くものなのだと思い、それがそのままずうっと受け継がれてるんじゃないかと…
私もずっとそういうものだと思っていました
初めて英語を習ったときも名前が先・名字が後でした
そのことに何の疑問も感じず、英語ではそういうふうに表記するものだと思っていたのですが、そうしているのはもしかしたら日本だけなのかもしれないなあと思いました
自国で名字・名前の順で表記する国を韓国・中国以外に知らないのですが、日本だけが英語圏のやり方に右に習えというのはいいのか悪いのか…と考えてしまいます
いいか悪いかもきちんと考えずに西洋のやり方をやたらと取り入れる傾向は日本にありますよね
前に欧米では赤ちゃんをうつぶせ寝させていて、それを取り入れている産婦人科がたくさんありましたが、あれは危険だということが後からわかって、今はそんなことをしているところはないと思います
欧米諸国に習ってマネをすることが「正しい」という思い込みが日本人には大なり小なりあるのかもしれないなあと思いました
私はだからといって「名前・名字」の順で英語表記するのはおかしいからやめたほうがいいとは思わないけど、なんでもかんでも欧米諸国の真似をしてしまう日本人の性格にはちょっと疑問を感じます
結局のところ、自分たちが白人よりも劣っているのだということを黙認しているような気がしてしまうからです
もちろんそういうつもりはないのだと思うし、日本人も白人も同じ人間で性質が違うだけだとは思います
西洋文化に習うことが「粋」だった時代もあったのかもしれないけれど、現代においては日本のよさをきちんと自覚して誇りに持ちつつ、他の文化の持つよい面を習うという柔軟性も忘れずに行きたいものですよね

Tags: ,

Leave a Reply

(Spamcheck Enabled)