ポイント

ポイントと言えばあちこちのお店でもらえるものでもあるのですが、ポイントってとっても曖昧な単位ですよね
私はDTPの仕事をちょろっとしているので、文字の大きさとか行間とかを決めるときに使う単位なのですが、世間一般で使われている「ポイント」という単位はかなり適当だと思います
お店でもらえるポイントは「300円で1ポイント」だの「500円で5ポイント」だのお店によってさまざま…
そもそもポイントという定義なんてないんだろうなあ…と思います

まあそのポイントのことはほかっておいて、気になるのはニュースなどでもよく「ポイント」という言葉が使われることです
例えば…鳩山内閣の支持率が先月60%あったのが、今月は55%になったとします(そんなにないですけど…)
ニュースのアナウンサーは「先月の60%から5ポイント下がって55%となりました」と言います
その「ポイント」って何よ?と私は思ってしまいます
単純に「先月の60%から5%下がって55%となりました」ではいけないのでしょうか
バンクーバーオリンピックを見ていたときにもスコアの得点を「ポイント」を使って読んでいることがたくさんありました
その点数自体にポイントは使わないのだけど、どれくらい上がったとか下がったとかというときに、「○ポイント下がって」だの「○ポイント上がって」だのという言い方をします
単純に「○点」ではいけないのだろうか…とずうっと思っていました
日本の中ではいちばん正しい日本語を話しているであろうNHKのアナウンサーも「ポイント」を使っているので、何か規定があるのかなあとは思うのですが、テレビから「ポイント」と聞かれるたびにいつもいつも不思議に思っています
お店のポイントにも言えることだけど、ちょっと乱用されている気がしてしまいます
特に決まりはないものに対して、増えた・減ったということを表すものがポイントなのかなあ…と思ったりもしますが、先ほどの支持率のように単位がもうすでに「%」だとわかっているものにも「ポイント」を使ったりするのがとっても不思議です
どうでもいいと言えばどうでもいいことなのですが、気になります

Tags:

Leave a Reply

(Spamcheck Enabled)