震災のニュースが子供に与える影響ー東日本大震災ー

地震が発生してからずっとテレビをつけっぱなしだった我が家…
地震のことが気になって気になってテレビを消すことができませんでした
私たちが見ていても何がどう変わるわけではないのに、見ていないともっとたいへんなことになってしまうかのように思えてきて、テレビから目が離せませんでした
だんなさんとの会話も地震と津波と原発事故のことばかりでした
当然子供との会話は激減していました
話すことと言えば「ごはんだよ」とか「お風呂だよ」という必要最低限のことや、「もしここで地震が起こったらどうするか」とか「避難所はどこにしようか」と言った話題ばかりでした

しばらくしたら6才の娘が「地震のテレビばっかりでやだ」と言いはじめました
それでも「他の面白いテレビはやってないよ」と言ってニュースばかり見ていました
そのうち娘が怖がってめそめそ泣きはじめ、これはまずいと思い、テレビを初めて消して…でも気になってまたつけて…というのの繰り返しでした

そんなときに見つけたこの記事…
親野智可等さんのブログに書かれていたものらしいです

地震の被害が予想以上に大きくて、毎日繰り返される映像にショックを覚えるほどです。被災地の情報を知らなくては…とTVを見る日々ですが、小さな子供にとってその映像はどう映っているのでしょうか?

親力1376より
緊急でお知らせしたいことがあります。
以下は、小児科の医師turubabaさんのツイッターからの引用です。
【子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。子供たちの顔を見ていてあげて、話しかけてあげてください。今は大丈夫でも、ストレスにより、後で熱を出したりおなかを壊したりするかもしれません。
今日の診療中、ストレスを抱えている子供たちが多数受診。
皆さん、テレビを消しましょう。せめて、楽しい番組の録画を見せてあげましょう。みんな目がきょろきょろして落ち着きがなかったです。
診察中、個室でお気に入りの映像を楽しめるのでみんな目がきらきらしていました。うれしそうにビデオを見ていました。
診察終わっても帰りたがらない子が多いのです。おうちでは楽しいビデオを見せてあげましょう。情報はインターネットでどうぞ。
地震、津波、原発に関するテレビ番組をこの数日間ずっと見ていたご家庭も多いと思います。それによって、かなりのストレスを溜め込んでいる子どもも多いと思われます。子どもたちへのご配慮をお願いいたします。
災害や事故で命をなくしたり家族をなくしたりすることについて、不安を感じている子も多いと思います。そういうことを話してきたら、まずは「こわいんだね。心配なんだね」と共感的にたっぷり聞いてあげてください。
その後で、「だいじょうぶだよ」と言って安心させてあげるといいと思います。抱きしめてあげるのもいいでしょう。とにかく、安心して安らかに過ごせるようにしてあげてください。】

これについてのご感想を紹介させていただきます。
【「親力で・・・」No1376の内容、はっとさせられました。
同じ日本の中でこんな大変なことが起きているから、目をそらさず見なくては・・・!と思い週末ずっとテレビを見ていました。子どもも一緒に、です。「いつもの番組やらないんだね」という娘の言葉にも、「こんなときに何言っているの!」と叱ってしまいました。
でも反省しました。大人にもショッキングな映像、子どもの心にはどのように届いていたのでしょう・・・私の周りの親たちにもぜひ知らせたく、ブログに引用させていただきます。

日本中の親御さんたちが同じ気持ちでいると思います。「目をそらさず見なくては。子どもにも見せなくては」という気持ちです。こういう気持ちはある 意味大切なことだと思います。でも、子どもについては一定の配慮が必要です。というのも、子どもは大人と同じようにはいかないからです。
一言で言えば、刺激やストレスに対する抵抗力が弱いのです。たとえテレビや新聞の映像であっても、その刺激やストレスが過度になればPTSD(心的外傷後ストレス障害)に近いものが出る可能性がないとは言えません。
大人にとっても今まで経験したことのないようなショッキングな映像なのですから。そして、大人ですら体調がおかしくなったり元気がなくなったりしている人がいるくらいですから。】

これを読んで、ずっと地震のニュースから目が離せずにテレビをつけっぱなしだったことが娘にどれだけのストレスを与えてしまっていたのだろうかとはっとしました
我が家はNHKばかりだったのでCMもなかったし、朝から晩までずっと地震地震地震でした
津波や地震の映像は大人が見てもショッキングなものばかりで、私も涙なしには見られない状態で、子供にとってはそれ以上に衝撃的だったのかもしれません
私たち親がショックを受けているのも子供は感じていたでしょうし、それを何時間も目の当たりにさせてしまったことは本当にかわいそうだったと反省しています

地震から一週間経ったあたりから普通の番組が始まり出し、私としてはまだ収束していないなのに…という思いがあったのですが、「仮装大賞傑作集」と「ドリフ傑作集」を見た子供たちが大喜びしているのを見て、久しぶりに子供の笑顔を見た気がしました
賛否両論はあるかもしれないけど、地震のことを忘れさせるような番組も必要なのかもしれません

Tags:

Leave a Reply

(Spamcheck Enabled)