水のこと

私の実家は保育園を経営しているのですが、今年井戸を掘ったそうです
母から「水が冷たくていいよ♪」と話を聞いていたので、お盆に帰ったときに見せてもらいました

「となりのトトロ」に出てくるような「ガッチャンポンプ」が取り付けられたレトロな井戸です
我が家の子供たちもおもしろがってガッチャンガッチャン水をくみ上げていました

もうひとつ…園舎の前に新しく造られたのが足洗い場

水深10〜15センチほどと浅いのですが、井戸の水を使用しているので水が恐ろしいほど冷たく、十分の水深です
冷たい水に子供たちは大はしゃぎ♪
足洗い場の中央がこんもり山になっていて、そこから井戸の水が噴き出すようになっていました
乳児の水遊び場としても使っているそうです
夏祭りのときはここでジュースやスイカを冷やしたり…と他にもいろいろと活躍しているのだとか

愛知県に引越してからずっと感じていたのですが、愛知の水道水は夏は「お湯か?」と思うほどなまぬるいんです
知覚過敏にはうれしいけど、シャッキリ冷たいお水とは無縁(笑)
夏のプールだってわざわざ朝水を張っておいて温めておく必要もないほどです
実家は富士山の麓にあり、近くには有名な柿田川も流れているし、水道水は夏でもかなり冷たく、逆に冬はそれほど冷たくならないんですよね…
実家の井戸水は毎年行く岐阜北部の荘川の水に勝るとも劣らない冷たさでした
当然お水はおいしいし、実家では水道水をそのまま飲むことに何の抵抗もありません
考えてみたら…私は愛知県で水道水をそのまま飲んだことない…(笑)
湧かして麦茶にすれば飲むけど、水を飲みたいときはスーパーで買ってきたミネラルウォーターを使っています

たかが水、されど水
実家の冷たい井戸水に足を浸けながら、水に恵まれるってとてもしあわせなことなのだなあと実感しました
失ってはじめてその大切さを実感すると言いますが、まさにそういう感じです

愛知県に住みはじめて10年が経ち、それなりに愛知への愛着もあるし、これからもここで暮らして行こうというきもちは十二分にありますが、水だけは…といったところです

Tags: ,

Leave a Reply

(Spamcheck Enabled)