パッチワークのキッチンマット

布がたくさんあるのに小さなハギレも捨てられない貧乏性なので、ハギレの消費にも躍起になってます
なるべくたくさん布を使う大物を…と思って、キッチンマットを作りました

キッチンマットなので、おそらく汚くなるだろうし、どうでもいい布を使ってしまえ〜と娘の浴衣地のハギレやらガーゼのハギレやらネル生地のハギレやら、水色系なら何でもいいわいと縫い合わせて作ったので、統一感ゼロのマットになりました
和柄が入るとぐぐっと昭和な感じになるなあ

裏布にはこれまたどうでもいいブルーのギンガムチェック地を使用
これはたしか大塚屋のワゴンセールでゲットしたハギレ…40円ほどでしょうか(笑)

使っていて、まあそれなりにマットの役割は果たしているものの、キルト芯1枚しか挟んでないので何とも頼りないです
厚みもないし、滑り止めもついていないので、よくクシャクシャになっています
それでもハギレを役立てることができてよかった〜と思うのよね

にしても、布を使うとハギレは増えるわけで、なかなか布全体のカサが減って行かないなあと感じています
これ以上買わなきゃいいんだけど、どうしても足が大塚屋に向いてしまっています
縫い物する人なら誰もが陥る問題なんだろうなあ

Tags: , , ,

Leave a Reply

(Spamcheck Enabled)