Posts Tagged ‘チョン・ジェヨン’

映画「殺人の告白」

土曜日, 5月 18th, 2019

先日借りてきて観た韓国の映画です

時効の成立後、イ・ドゥソクという男が、自分は15年前に世間を騒がせた連続殺人事件の犯人だと告白します
その後、暴露本を出版した彼はそのルックスのよさも味方し、一躍時の人として世間にもてはやされます
しかし、本の中にまだ解決されていない事件の真相の記述がないことが本当にイ・ドゥソクが殺人犯なのかと世間を騒がせます
ずっと犯人を追い続けてきたチェ刑事、そして凶行によって愛する人を失った残された者たち…それぞれの思惑がスリリングに描かれた映画です

この映画を観たのは…パクシフが出ていたから(笑)
だいぶ前だけど、「逆転の女王」という韓流ドラマに出ていたパクシフが気になりだし、「検事プリンセス」を見たらなんか冷めちゃって、そうこうするうちになんか淫行か何かで訴えられちゃって、ヒャ〜と思っていたら取り下げられて、それ以来あんまり気にしてなかったのだけど、レンタルショップでこの映画を見つけて借りてきた、という経緯

改めてパクシフを見つめて、うん、やっぱりかっちょいい♪と思いました
というか、私はこういう顔が好きらしい
目はあんまりぱっちりしていなくて、でも横長で、顔はすっきりした感じで…
パクシフっていろんな顔ができる人だと思うのだよね
やんちゃっぽい遊び人みたいな雰囲気も出せるし、すごく誠実な一途な感じにもなるし、役者だなと思います
今回の役柄もちょっと怪しい感じがぴったりだなと思いました

それにしても…ブーメランパンツの水着にバスローブ着て猛スピードで走る車のボンネットの上でバスローブがバーバーに広がってブーメランパンツ丸出しっていうのには驚いた(笑)
なんかちょっと滑稽というか、2枚目俳優なのにこんな姿見せてしまってよいのだろうかと心配になりました

パクシフのことはさておき、映画の内容ですが…復讐のために顔を整形するとか、被害者と加害者がここまで接近してバトルになるとか、大事件なのに刑事一人でがんがん動いちゃうとか、「ありえないでしょう」というところはたくさんあって、でもまあフィクションだし、それはまあよいのかなと思いつつも、こんなおとり捜査はちょっとありえないよなあと思ってしまいました
おとり捜査やるなら、真犯人が出てきた時点で包囲網固めて逃さず逮捕できないのかなあと思ったり…
カーチェイスなどのアクションにはあまり興味がなくて1.5倍速で見てしまったりもしましたが、もうすごいカーチェイスでびっくり

あと、真犯人役の人、すごーく嫌な感じが出ててはまり役でした
オタクっぽい髪型とヘラヘラ笑顔がたまらなくいやな感じを醸し出していて、うへーと思いながら見ていました

もうひとつ…ニュースなどを見ていると、韓国ってひどいことをされたらやり返す権利があるっていう考え方のように思うのだけど、この映画を観てやっぱりそうなんだろうなあと感じました
もちろん身内を殺されたら犯人が憎いのは当然だし、同じ目に遭わせてやりたいと思う気持ちもわかるんだけど、だからと言ってその犯人を殺していいわけではないはず
でもそういうのはあんまり感じなかったな
これって韓国人の気質なのかもしれないなと思いました

パクシフ目的で見た映画でしたが…チェ刑事役のチョン・ジェヨンがかっこよかった!!
これくらいの年齢になって目を引く人ってほんとにかっこいいんだろうなと思います