Posts Tagged ‘リメイク’

ブルー地蝶柄のペンケース

水曜日, 3月 6th, 2019

古布でペンケースを作りました

内布は薄いブルーのダンガリー
ハギレを使いました

実はこの布、以前娘に作った通学バッグだったもの

使いに使ってボロボロになり、使えた部分はすごく少なかったんだけど、とても気に入っていた柄だったので、なんとか形にしたくてね…なんて貧乏性(笑)

でもボロボロになったバッグが形を変えて蘇った気がするのがなんとも気分がよいです

パープル起毛ニットの後ろリボンがかわいいニットブラウス90サイズ

土曜日, 2月 23rd, 2019

以前娘に作ったニットブラウス140サイズ…
a sunny spotの「後ろリボンがかわいいニットブラウス」を少しアレンジして作成して、とてもかわいくて気に入っていたのですが、背が伸びて着られなくなってしまいました

それで、小さいサイズにリメイクしました

今回はアレンジせず、レシピ通り忠実に作成しました
このスカラップレース、子供服にはかなりゴージャスな感じ

後ろリボンは裁断できず、新品布で作成したので、ちょっと色目が違ってますが…後ろリボンめちゃかわいいです

前はこんな感じ
やっぱりなんというか、ずっと着ていた服の生地なので、くたびれた感があるのよね〜

でも小さいサイズは本当にかわいらしい
しげしげと見つめてしまいました
90サイズというと、2歳くらいかな?
娘が小さい頃はまだソーイングしていなかったので、こんな服を作って着せてあげたかったなあと思ったりしました
早く孫生まれないかしら(笑)

知り合いの女の子にあげようかと思っています

ネイビーさしこの鍋敷き

金曜日, 12月 7th, 2018

これまたずいぶん前に作ったもの

実家からもらってきた不思議な形の巾着リュックを鍋敷きに作り替えました

よく見ると長年の使用と洗濯でもさもさっとしていますが…なぜだろう、最近写真がうまく撮れず、ピンボケが多い

なんてことはない作成物なんだけど…なんていうか、昔のものというのは布の感触も仕事もていねいだなと感じます
実際に使うとなると抵抗がありますが、民芸品のような趣があるのよね
そんなもので鍋敷きを作ってしまう私も私…でもこのままでは日の目を見ないので、土鍋によく合う鍋敷きに仕上がったんではないかと思います

花柄ドレスをリメイク

土曜日, 11月 24th, 2018

私のいとこはお父さんの仕事で子どものころ海外生活を送っていました
アメリカにいたときには、学校主催のボールというダンスパーティなどがあり、それなりの格好をして参加していたんだそうです
そのときに着ていたドレスを母が叔母からもらっていて、でもデザインが古いので母の孫世代はちょっと着られなくて、そして母から「あんたこれどうにかならない?」と私にまわってきた、というドレスをリメイクしました

まずはこのドレス

ローラアシュレイのドレスです

生地はけっこう派手な花柄

決してダメダメな花柄ではないのだけど、レースの襟っていうのが時代を感じさせるし、これは夏用のノースリーブワンピースにすればアリだろうと思って、リメイクしました
パターンはa sunny spot 女の子のまいにちの服に載っていたワンピース

布が余ったので、共布で小物を作りました

もうひとつは、元々のワンピースの写真をうっかり撮り忘れてしまったんだけど、こちらも襟付き長袖のドレスだったものをノースリーブワンピースにリメイクしました

後ろはくるみボタンで

こういう花柄、母は大好き
でもこういう柄って難しい
ダサくなってしまうんだよね

ところどころ色落ちしてるところとかシミなんかがありましたが、うまいこと避けて作成

内側は布が足りなかったので手持ちのピンクストライプ柄を使いました

いとこにプレゼントして、私はお役御免…役立てられてよかった♪
いとこには女の子が生まれたばかりだったので、大きくなったら着てもらいたいです
いとこにとって思い入れのあるドレスで作ったワンピース…アメリカにいた頃を思い出しつつ娘が着ているのを楽しんでほしいものです

しましまレッグウォーマー(リメイク)

水曜日, 2月 18th, 2015

この頃私は古布やら着なくなった服やらをどうにか活用してやろうキャンペーン中
「もったいない精神」であれこれ考えています

それで、着なくなった服の袖でレッグウォーマーを作りましたよ♪

まず、私のニットセーター
なかなかの派手なボーダー柄でけっこうタイトでとても着こなせなくなってしまったのでね

袖ぐりの部分はそのまま使い、反対側はブラウンのリブニットをつけてみた
サイズは…ベビーサイズくらい?
かなり適当です

そして、だんなさんのカーディガン
これまたシマ蛇のようなボーダー柄で、胸のところに穴が空いてしまってね
でも実はほとんど着ていないのよね

これは小学生くらいならイケそうな大きさです

袖がレッグウォーマーに生まれ変わってかなり満足♪
でもまだ身ごろが残ってる…こうなると身ごろもどうにか形にしたくなるのだけど、どう活用してよいやら思いつかず、中途半端な古着処分になってしまったわ

ただでさえ布が多いっていうのに、古着までどうにかしようとするのはかなり無謀なのだけど、材料費なしで何かができるとこの上なく得した気分になるのよね〜

ピンク系しましまレッグウォーマーのほうはいとこの赤ちゃんにあげる予定ですが、黒xグレーしましまのほうは無理やり息子にでも使わせようかと企んでおります
レッグウォーマーというよりも、はいはいする赤ちゃんの膝ガードみたいな感じでも使えるかも…
作ったはいいけど使ってくれる人がいないと、リメイクも本末転倒なのよね

リメイクシャツ

金曜日, 7月 4th, 2014

私のカッターシャツをリメイクして息子のカッターシャツを作りました

台襟と襟の裏は別布で…
裁断できなかったというのもあるけど、このほうがちょっとオシャレな気がしてね

ブランドピスネームもちゃっかり使用♪

実はこのシャツ、私が高校生のときに初めて買ったブランドものの服
ブランドと言ってもB級ブランドのEASTBOYですけど、当時の私にとってはかなりの背伸びだった気がします
今でもEASTBOYを見かけると何とも言えない気持ちになったり…

このシャツ、久々に引っ張り出して着たのですが、着丈も長く、袖も長く、袖ぐりも大きく、「野暮ったい」を絵に描いたようなシャツでした
私が高校生の頃はブランドものでもこんな感じだったのか〜とびっくり
とてもじゃないけど着れないなあ…でも捨てるのもったいない…と思ってリメイクしたんだけど、いくら物持ちよくてもこういうのは着れなくなるものだなあと実感しました

でも息子のシャツとして生まれ変わり、めでたしめでたし
こういう「もう私は着れないけど生地は悪くないからリメイクしたい服」というのがけっこうあって、それがまた場所を取っているのだよね
どんどん手を出して行きたいけど、リメイクってふつうに作る以上に手間がかかるというかね…
でもものを大切にするという点においてはかなり満足できるし、思い入れのある服が生まれ変わる喜びもあるし、どう裁断して活かすか…って考えるのはかなりおもしろいのよね
だったら早くリメイクしろよって話なのだけどね〜

まあぼちぼち頑張ります

リメイク三昧

土曜日, 3月 1st, 2014

とにかくいつも動き回っている息子は洋服の劣化が激しく、すぐに穴を空けてきます
元気なのはいいのだけど、服をサイズが合わなくなるまで着れたためしがない(笑)
ワッペンやダサタグで穴を繕ってきたけど、追いつかなくなってきて、惜しげのない服をリメイクしました

まずこれは、だんなさんのスラックスだったズボン
ポケットのところが色あせていただけであまり履いてなかったので、もったいなくて息子用にリメイクしました

ウエスト部分やポケットまで裁断できなかったので、手持ちのハギレを使いました
ここぞとばかりにださいタグを使ってやりました

続きまして…これは私のペインターパンツだったもの
けっこう履いたといえば履いたけど、そのまま捨てるのがもったいなくてリメイク

ポケット部分は昔々パジャマを作ったときのハギレ、ウエスト部分はニットのハギレを使用したので、ひどいデザインになってます
でも、ウエスト部分はニット地にすると当たりがやわらかくていいかも♪
ニットのハギレってなかなか使い道がないし、こうやって使えると在庫布も減ってよろし♪

息子に「着て着て〜!!」とお願いしたのですが、あまりいい写真が撮れませんでした

まだまだ続くリメイク…
今度はトレーナー
私の古トレーナーと買って来たネイビーの厚手ニット地・グレートネイビーのリブを組み合わせて2着作りました

ちょっと淋しい仕上がりだったので、フロッキーシートをペタリ

いやいや、かなりの満足です
どうせ穴を空けてくる・汚してくると思うと、息子の服にお金をかけたいとは思えず、捨てるはずの服に命を吹き込んだ気がして、家計にも優しいリメイクです

このところやけに成長が早くて来年には小さくなりそうだし、この冬持ってくれればいいかなくらいの気持ちです

藍染めのパジャマ

日曜日, 8月 4th, 2013

娘の夏用パジャマを作りました

涼しげな藍染めの布です

実はこれ、もともとは祖母か母の夏用ワンピースだったもの
ずどーんと寸胴のワンピースで、昔夏になるとおばちゃんたちが着ていたようなワンピースです
「あんた着ない??」と母に言われ、とても着る気にはなれないけど、何かにできるかも…ともらってきたワンピースで、それがやっと形になりました

でもなかなかたいへんだった…
っていうのも前身頃の真ん中あたりに斜めに切替が入ってて変なヨレヨレのレースがついていたので、裁断には頭を使いました
袖の部分が取れず、布目に対して縦でも横でもバイアスでもないへんてこりんな方向で裁断しちゃったわ

縫い代を返すだけの布も取れなかったので別布で対応しました

娘が着るとこんな感じ♪

なんだかとっても涼しげでいい感じ♪
おばちゃんの寸胴ワンピースが命を吹き返した(笑)
藍染めもこんなふうにするとかわいらしくなるんだなあと発見しました
布は悪くないので肌ざわりがいいし、夏にはピッタリです

いやいや、リメイクおもしろい
コストがかからないってのも魅力だけど、しょーもない服が生まれ変わることの満足感は格別だわ

でもこんなことしてると、実家から要らない服が送られて来そうで怖いです

タオルのリメイク

木曜日, 5月 2nd, 2013

息子が保育園のお昼寝で使っているタオル…娘が入園するときに作ったものです
当時「オーガニックコットン」がマイブームで高いのにオーガニックコットンのタオル地を購入して作りましたが、両端を折って縫うだけの簡単な作成物です

今年で6年目…肌触りはいいのだけど、度重なる洗濯でかなり色落ちしてところどころ糸がほつれていたり…


もうちょっとかわいくできないかなあ…とリメイクしてみることにしました♪

以前お友だちにいただいたパッチワークのバイアステープ
とてもかわいらしくて何に使ったらよいかずっと考えて来たのですが、これを使ってみることに♪

完成したのはこちら
ワッフル地を合わせてまわりをぐるぐるっとバイアステープで縫ってできあがり
簡単です

このワッフル地、かわいいんだけど、ちょっと私の趣味とは外れていてどうしたものか悩んでいたのです
もちろんこの布は母が買ったもの
自分が作らないのに布を買っちゃうので困ったものです

けっこうかわいらしくできて満足満足♪
でもね…こういうのを作るとね、赤ちゃんがほしくなるのだよね(笑)
子どもたちがもっと小さい頃にソーイングの魅力に気づいていたら、赤ちゃんグッズをいろいろ作ってあげられたのに…と思うとちょっと淋しい
でもさすがにこれからもう一人産む気にはなれないので、大きくなった年長さんの息子に使ってもらうとします

調子に乗った私は、さらなるリメイクへ

こちらはこれまた母がくれたオーガニックコットンのガーゼタオル

肌触りもよく、上質なガーゼで作られていて私も大好きなのですが、なんせこのままではどうにもかわいらしくない
刺繍でもすればいいのかもしれないけど、私は刺繍があまり得意じゃないし、裏が見えちゃうし…

なので、先ほどのお昼寝用タオル同様にリメイクしてみました
保育園で使うお手拭きタオルです

2枚分のバイアステープが取れなかったので、1枚は手持ちの布でバイアステープを作りました
なかなかかわいいんじゃないかしら??

もともとガーゼについていたタグもはさんでみたら、なんだか既製品っぽくなった♪

作り終わって、かなりの満足
リメイク楽し♪
家計に優し♪
こりゃやめられません

リメイクバッグ

土曜日, 4月 20th, 2013

貧乏性なのか節約家なのか、私は布が捨てられない
ちょっとしたハギレも「何かに使えるかも…」ととっておいてしまいます
そういうわけで所有する布は膨れ上がって行くのだけど、このまま膨れ上がってもらっては困るので、ナントカ消費しようと日々頑張っています
ここまで来るとソーイングは単なる趣味ではなく、勝手に義務感を感じる仕事と化してしまってますよね〜

そんなこんなで作ったのがこのバッグ
トーションレースとバテンレースをつけてみました

実はこのバッグに使ったダークブラウンの細コーデュロイ地は、私のズボンの布でした
数年前にユニクロで買ったズボンだったのだけど、去年久々に引っ張り出してきて履いたら、膝の部分がけっこう太くて野暮ったくて…
これじゃちょっとやだなあ…と思い、膝丈で切ってバミューダパンツにリメイクしました
これならタイツとブーツを履いてオシャレに着回せそうだなと♪

内布にはこんな花柄を合わせたけど…あんまり合ってないのよね〜
失敗だったなあ…

紐には家にあった黒い幅広紐にレースを縫いつけてみましたが…うーん、イマイチ
やっぱりはじめからレースがついているひもにすればよかった…
安上がりにしすぎるとこういう羽目になるのです
ちなみに、飾りで付けたでっかいボタンは祖母の部屋に眠っていた大量のボタンの中のひとつ
合ってるんだか合ってないんだかさっぱりわかりません

そしてもうひとつのリメイクバッグは、ウールのハギレでパッチワークして作成しました
茶色のチェック柄は実家で眠っていた年代物で、ベージュのほうは私のスカートだったもの
かわいそうなくらい古めかしい素材で作られています

内布には新品布を使いました
あ、でもこれ、大塚屋のハギレワゴンセールでゲットしたもので、これまた安上がりです

実は、白いチノパンもバミューダパンツに替えて、膝下の布がハギレとなったので、こっちもどうにかしたいなあと思っています
まだ形になってないけど、白は難しいなあ…汚れやすいしね

これはリメイクじゃないけど、ついでに掲載
適当に作ったバッグです


口のところにレースを付けてみましたが…縫い目がバッチリ出ちゃっていて「うーん」という出来なのだよね
キルト芯を挟んでふわっとした厚みを出したけど、横長なので形が崩れやすいのもイマイチ…
しかもひもがねじれて付いてしまってるので、「あちゃ〜」という作品になっております
ま、こういう失敗も次回に生きるだろうと前向きに考えることにしましょう♪

今回初めて「マグネットフック」を使ってみました
本当に簡単に付けられるし、スッキリだし、これいいかも♪
外側に見えないっていうのもよいです
お値段もそれほど高くないし、今度からはこれだなと思っています

あ、言い忘れましたが、内布に使った布は実家で眠っていたハギレちゃん
けっこう気に入っていたのに、失敗バッグの内布になってしまったのが残念です

だいぶ布使ったぞ〜!!と言いたいところだけど、それほどカサは減らないのよね
布ってかさばらないものだし、なかなか減って行かない
買うのは一瞬なのに…(笑)

でもこんなふうに少しずつ形にして行くのも悪くないなあと思います
でもでも、しばらく布は買わないようにしなくっちゃ!!
大塚屋に行っても布には目線を合わせないよう、ダッシュでB1階の素材・資材売り場に行かなくちゃ…と自分に言い聞かせています