Posts Tagged ‘仕事’

在宅の仕事、辞めました

土曜日, 3月 16th, 2013

3月に入ってから毎日ブログを更新している私
けっこう長い文章書いてるなあ…

というのも、2月いっぱいで仕事を辞めて時間ができたからです

これまで在宅でWEBページ作成や更新の仕事をしていたのだけど、仕事を始めた当初から「この会社はちょっと…だなあ」と感じていたのが的中し、もうこれ以上はこの会社とはやっていけないと悟り、辞めるに至ったというわけ

この仕事の愚痴は以前書いたとおりで、辞めようと気持ちが固まった引き金は、会社の更新ミスを私のミスだと思い込んで責めて来たにも関わらず、私が「それは会社のほうで更新されたものです」とメールしたら、だんまりを決め込んだことでした
「もうあかん…やってられへん…」と急に関西弁になってしまったよ(笑)

息子が保育園に入園する前からやっていた仕事なので、2年以上続けて来たのだけど、今思うによう続いたなと自分を褒めてやりたい気持ちです

世の中つらいこと・たいへんなことは山ほどあるわけで、特に仕事となれば我慢しなければならないこと・目をつぶらなければならないこと・水に流さねばならないことは多いはず
この仕事をしているあいだ、何度も「何なのだ、この対応は」と思うことはあったけど、そのたびに「間違いや不手際を指摘するよりも、円滑に仕事をすることを優先するべき」だという気持ちを持って何とかやってきたつもり
これはきっと試練なんだ、この人間関係を克服すれば、この先どんな職場でもどんな人とでもやって行ける…なんて思いながら(笑)
でも…そういう気持ちを持っていることすら馬鹿らしくなるほどの対応に参ってしまいました

私なりにいろいろ悩んだけど、辞めるという決断をして、実際に仕事を辞めて、これでよかったんだと今は思えます
ただ、人を見る目・会社を見る目のある人はもっと早い段階で見極められたんじゃないかとか、そもそもこういう会社と巡り会ってしまったこと自体が私の人望のなさを物語っているのではないか…なんて気持ちにさせられるのだよね〜

この仕事をして学んだことも多いし、結果的に自分のスキルアップにつながったわけだから、そちらに目を向けてよしとしようという思いもあります
在宅でそこそこ稼げる仕事でもあったし、いくつかWEBサイトを作成して、自分はこういうことができますというサンプルができたのは今後につながるはず…

本当は息子が小学校に入学するタイミングで在宅の仕事を辞め、外で働き出そうかと思っていたのだけど、息子は入学まであと1年あるから想定外の出来事ではあったわけで…
今年は小学校入学前の準備で療育が忙しくなるし、外で働く仕事を見つけるのはちょっと厳しそうだし、かといってこれから在宅での仕事を見つけるのもどうか なとも思うし、だったらこの1年間は息子の療育とあとソーイングのスキルアップに頑張っちゃおうかなあ…などと思ったりしています

実質的には、一応ずっと面倒を見ているWEBサイトがあるので、完全に仕事がなくなるわけではないのだけど、月に数時間程度の作業で済むし、「仕事をしています」と言えるものではないのだよね

だから、今の状態に慣れてしまっては行けないという思いもあって、期間限定でのびのびするのはいいけど、ちょっと怖い気もしています

でも…とりあえず今月いっぱいはゆっくりしたい!!
在宅の仕事は土日祝日もなかったから、休みの日は早起きして仕事をしていたし、内職の割には高収入だったけど、時給に換算すると割に合わないと感じることも多々あったし、家で仕事をするからずっと仕事から解放されない状態がなかなかしんどかったなあ

今月はこれまで頑張って来たごほうびだと思ってちょっとだけ羽根をのばすつもりです

期間限定の外でのお仕事

金曜日, 12月 16th, 2011

久しぶりのブログ更新です

実は私ここ1ヶ月くらい外で働いていました
だいぶ前に登録してあった派遣会社から10月の下旬に電話があり、期間限定でWEB関連の仕事があると紹介されました
WEBページをリニューアルするのでその移行に伴う作業を手伝ってほしいとのこと
フルタイムで一週間程度の仕事…「やってみたい♪」と思ったのですが、フルタイムとなると娘の放課後クラブの登録やら息子の延長保育の申請も必要になる し、金曜日は息子の療育の日だし、無理だなあ…と思って断ろうと思っていたら、先方から9:00-14:00でもよいよ♪金曜日休んでもいいよ♪などと言 われてしまい、それじゃあ引き受けるしかないじゃん…!ということで、働くことになったのでした

フルタイムで一週間の仕事なので短時間で週4日間でこなすとなると、二週間と2日の勤務になります
家でやっているWEB作成の内職もあるし、仕事の掛け持ちになってたいへんだろうけど、でもそれくらいだったら何とかなるだろう…そんな気持ちでいました

でもでも…私が甘かった(笑)
実際に働き出したら次から次へと仕事が増えていきます
はじめはWEBに掲載する商品の画像作成を…と言われていたのだけど、データベース作成みたいな仕事やらデータ入力やら、どう考えても10日間で終わるとは思えない量…
引き受けた仕事だから責任もあるし、ちゃんとやるつもりではいたけれど、終わりの見えない仕事に不安が募りました
10日間では終わらないだろうなあ…2週間くらいかな…とはじめは思っていたのが、気がつけば3週間目に入り、気がつけば月が変わってる(笑)
自宅でやっているWEB作成のほうはだましだましナントカやってるけど、うーんもうちょっと限界だなあ…と思いつつも、ごまかしごまかし綱渡りしているようなそんな状態でした

やっと終わったのが12月の2週目…
正直ほっとしています

自宅で仕事はしていたけど、子供が生まれてから外で働いたのは今回が初めてで、いろいろと感じたこと・考えたことがありました
ひとつは、やっぱり働くってたいへんなことだなあってこと
パートタイムと言えども必要とされて働くわけだから、それなりの成果を出さなくちゃいけないし、ミスがないようにしなくちゃいけないし、責任の重さを感じました
一度下の子が風邪を引いて休んだ日があったのですが、どうしようもない理由だったとしても、休まなければならないことが本当に申し訳なくて、本当は休むつもりだった息子の保育参観の日は「息子よ、すまない」と心の中で謝って仕事に向かってしまいました
私の場合1日の勤務時間が短いし、金曜日は行けないし、数少ない勤務日を休むのはなかなかできないなあ…という感じでした
家での仕事もそれなりにたいへんだけど、やっぱり外での仕事ってまた違ったたいへんさがありますよね

あと…「オトコは役に立たない」のも強く強く強ーく実感(笑)
朝8時に出ないと行けない私は、息子を保育園に8時きっかりに預け、ダッシュで車でGO!!の日々だったのですが、8:20くらいに家を出るだんなさんが「俺が保育園に送って行こうか?」なんて提案、まったくでてきませんでした〜
一度小学校の旗当番(横断歩道のところに立って小学生が無事に渡るのを見届ける当番)があって、それが7:50からで、息子を保育園に送ってくれるようだんなさんに頼んだのですが、「え?俺が?保育園に?」などと、まるでとんでもないことを私が頼んだかの言い草!!!
結局送ってはくれたけど、こういうどうしようもない状況でもこういう反応ですから、とてもじゃないけど毎日なんてやってくれるわけがないし、そのたびにヘコヘコ頼むよりは自分でバババッとやったほうが気が楽だわ…と思ったのでした
きっとうまーくやる人は、「あなたに送ってもらうと助かるわ〜ありがと〜チュー♪」くらい言うんでしょうけどね〜私にはできないわ(笑)

あと…外の仕事に行く前は「あーもっと時間がほしい、自分のための時間がほしい」って思ってたけど、仕事で忙しくしているあいだはやらなくちゃいけ ないことをする時間すらなくて、今外での仕事を終えて家事やら内職やらをきっちりこなせるようになって、「十分時間はある」と感じています
この気持ちを忘れないようにしなくっちゃ…です

私が働いていた会社は塗料屋さんで、昭和のたたずまいみたいな小さな会社なのですが、みんなすごくいい人たちで、あったかくて、協力し合って仕事しているという雰囲気で、どこぞのお互いに責任のなすり合い・ストレス発散の仕合いをしている会社とは全然違っていました
こういう会社で働いていたら自然と穏やかな人になれるんじゃないかしら…と思い、短いあいだでも仲間に入れてもらって本当に楽しかったです

期間限定のはずが延び延びになってかなーりたいへんだったけど、無事に終わってよかったです
少しはお役に立てたらよいし、臨時収入ができたのもうれしい♪
今回の臨時収入はパアッと使うつもりです
おいしいものを食べに行って、だんなさんと子供たちにちょろっと買ってあげて、残りは私が全部使おうという計画です
振込日が待ち遠しい♪

洋裁のお仕事

土曜日, 6月 19th, 2010

4月に一時就職活動をしていたときにいくつか面接を受けたのですが、そのときのことです

私は以前WEBページ作成とかページ編集などの仕事をしていたので、もし働くとしたらそういう仕事をしたいなあとは常々思ってはいたのですが、探してみるとこういう仕事は残業しなければならないことがとても多いんですよね
定時で帰るとしても保育園のお迎えには間に合わないので延長保育を頼むことになるのに、残業となれば延長保育のお迎え時間にだって間に合わなくなりそうだし、そんな状態で育児と家事をこなしていけるのか…本当に心配になりました
それで、もっと他の仕事で私にできるものはないかなあと探していたら、近所の大型ショッピングモールに入っている洋服のリフォームなどをするお店の求人を見つけました
子供の頃から何か作るのは好きで、きんちゃく袋とかランチョンマットとか、ちょっとしたものは作っていました
仕事をしているあいだはあまりやらなかったけど、子供が生まれるときには、布団カバーを作ったり、ちょこちょこ作っていました 子供が保育園に入るときに必要なもの(お昼寝布団のカバーとか歯ブラシ入れとかコップ入れとか)は手作りできるものは作ってきました
去年の夏あたりから子供服を作りはじめ、この1年でかなり腕も上がった気がします
ミシンを使うのはすごく好きだし、こんなお店で働いたら洋裁の腕も上がって、学びながら働けてとってもいいんじゃないか…そう思って、がらっと職種を変えるのもいいかもしれないと思い、とりあえず面接に赴いたのでした
正直私はウキウキでした
ショッピングモール内にあるから、お昼休みにちょっと買い物もできるし、帰りには食料の買い物もできるし、なかなかいいんじゃないかなあと、いろいろ思い描いていました
洋裁の腕もメキメキ上がって、自分の服やだんなさんの服も作れるようになって…と思い描いてもいました
そんなかんじで面接に赴いたのですが…店内に入って自分がとても場違いなところに来てしまったことに気づきました
当たり前だけど、お店においてあるのは工業用ミシンばかりです 私が使っている家庭用ミシンとはだいぶ違います 音を聞いているだけで、何だか本格的でまるで工場にいるみたいでした
お店のオーナーの方が対応してくれたのですが、洋裁学校を出たわけでもなく、洋裁で仕事をしてきたわけでもない私を正直どうしたらいいのかわからないというかんじでした
ここで働くにはすぐに縫えないといけない、ただ縫えればいいのではなく、商品を扱うのだからきれいに速くできなくてはいけないと言われました
「ちょっとさわってみる?」と言われ、工業用ミシンを使ってみたのですが、やはり使い勝手が全然違って、うまく行きませんでした
やっているうちに多少慣れてきて、時間をかければできるようになるような気配はしたものの、今の自分の技術ではとても使い物にならないことを思い知らされた思いでした
お店に売っている服を見ると、本当にきれいに仕上がっていますよね
縫い目もそろっているし、ピシッときれいです
あれができなくちゃいけないんです
家で作るものは多少縫い目が曲がっても「ま、いっか〜」で済ませられるけど、仕事となるとそうは行きません
ちょっとでもはみ出したらほどいてやり直し…でも何度もやり直ししたら生地が傷みます
いちばん簡単なズボンの裾上げなど、失敗しないでできて当たり前なのだそうです
実際にやってみたのですが、とてもじゃないけどプロの仕上がりではありませんでした
本当に恥ずかしいほどの出来映えでした
ミシンに慣れていないというのもあるけれど、自分の洋裁の技術は本当に大したことないんだということを思い知らされた気持ちでした
オーナーは、今すぐに雇うことはできないけど、何日か通って、練習して、そして技術を身につけたら働いてもらいたいと言ってくれました
とてもいい人でした
でも、下の子を預けるには仕事が必要で、雇用証明を出してもらえないまま何日か通って練習することができません
事情を話し、「お騒がせしました」と頭を下げて帰って来たのでした

たかだか1年足らずの洋裁経験だけで、しかも子供服だけだし家庭用ミシンで作ってるだけなのに、よくもまあ面接に行ったものだとほとほと呆れてしまいました
洋裁学校で勉強した人が、技術を身につけるためにこういうところで働いているくらいなのに、私みたいなペーペーに一体何ができるのか…もう少し考えればわかったはずですよね
もうほんとに恥ずかしかったです
子供服だってほんとに基本的なことしかできてないし、無料であげることはできてもお金をもらえる作品ではありません
身の程知らずと言うか恥知らずと言うか、自分で自分に呆れて溜息ばかり出てしまいました

だんなさんに話すと「そりゃあそうだよなあ」と妙に納得していました

店内で働いている人をちょっと見ていて思ったのですが、もうほんとに職人でした

作業は早いし、使っている機械もプロ用というかんじだし、ミシンもいくつもあって、アイロンだって家庭用のものとは全然違うし…
仕上がりは本当にきれいだし、プロでした
何年も何年もやっているんだろうなあという感じがしました
でも、そのわりに時給が安い気がします
技術を身につけての仕事なのに、女性の仕事だからでしょうか…
技術が必要な仕事なんだから1,500円くらいあっても足りないくらいじゃないかと思ってしまいます

今回のことで、もっと洋裁ができるようになりたいとも思ったけれど、プロではなく、家庭用ミシンでそれなりの作品を作れるようになることをまずは志してみるべきだと思いました
子供服だけじゃなく、自分の服も作ってみようかと…今の私はその段階です
これから先洋裁を仕事にできるようになるかはわからないけど、それよりも今自分に身についている技術(WEBとかDTPとか)を伸ばしていくべきなんじゃないかと、そう思いました
いくつになっても何か新しいことを始めるのは可能だけど、ちょろっとかじっただけでは使い物になるわけではないということは肝に銘じておかなくてはいけないのだと思います
私のWEBやDTPの知識だってものすごいものではないし、まだまだ学ぶこと、身につけていかなくちゃならないことはたくさんあります
洋裁は趣味として続けていきたいけれど、仕事にできるにはほど遠いのだということがわかりました

いろいろありますが、いろいろと頑張っていこう…そう思ったのでした