Posts Tagged ‘手づくり’

彫刻刀ケースとデジカメケース

日曜日, 11月 9th, 2014

娘が学校で彫刻刀を使うようになるというので、ケースを作りました
といっても、きんちゃく袋ですが(笑)
パタレさんとは全然関係ないけど、タグ縫いつけちゃった

この生地、娘のチョイス
変わったのを選ぶなあと思っていたけど、意外とかわいいです
色合いも柄も北欧っぽい

これが娘の彫刻刀
私が子どもの頃に使った彫刻刀は厚紙の箱に変な木彫り人形の写真が印刷されていたものだったわ
彫刻刀の持つ部分はもちろん木製だった
時代は変わったものよね

このフクロウ柄が気に入ったので、思いつきでデジカメケースを作ってみました

デジカメを入れるところを立体ポケットみたいにしたんだけど、これが自作レシピなもので、難しかったです
こういうとき、算数の必要性を感じます

ナントカできたけど、内布の茶色布とバイアステープの茶色布が違うっていう何ともお粗末な作品になっちゃったわ

内ポケットをつけて、ここには充電池を入れられるようにしました
電池って入れっぱなしにしておくとすぐになくなっちゃうので、使わないときは本体から外しておきたいのよね

完成してだいぶ経ってから、ハトメ穴を開けました
ここにストラップを通しておけば、デジカメを出してもケースが引っかかって落ちなくて便利かなと思ってね…
悪くはないけど、ケースを外したいときになかなか外れないっていうデメリットもあるので、いいんだか悪いんだか…

ほんとはデジカメを入れているケースを撮りたかったけど、そのデジカメで写真を撮るわけで、どう頑張っても無理でした(当たり前です)

これまでかわいくも何ともないケースに入れていたので、ちょっとウキウキです

テレビボードのれん

土曜日, 11月 1st, 2014

我が家のテレビボードは、無印良品スタッキングキャビネットです
色も大きさも気に入っているのですが…

ただひとつ不満なのは、奥行きがちょっと足りないこと
DVDレコーダーがはみ出して、ガラス戸が閉まらなくなっています
奥に押し込めば閉まらないこともないけど、そうなるとDVDデコーダー後ろのコードやら何やらを傷めそう

それで、ガラス戸を外し、のれんを作って付けてみました♪

正直、いいんだか悪いんだかわからない
ちゃんと寸法を測って作ったつもりが、縫ってちょっと伸びたのか、横幅がちょい長め
おまけに両面テープが足りなくなってところどころ貼れてないのでよけいもたついているという「あれれ」な出来です
でもDVDレコーダーにはやさしくなったし、ガラス戸がきっちり閉まらない不安からも解消されたのでよしとします♪

参考にしたのは、オーラさんテレビのれんの記事
あんまり冒険のできない私はよくありがちな布を選んでしまったけど…まあよいかなと

のれんにすると、ほこりも入りやすいのでまめに掃除しなくっちゃね

薄ベージュのスモックブラウス130サイズ

火曜日, 10月 28th, 2014

だいぶ前に縫ってあとはボタンホールとボタン付けだけ…という状態で長らく放置してあったスモックブラウスがやっと完成しました
パターンはa sunny spot 女の子のまいにちの服のスモックブラウスです

この生地、「どうよ??」と疑問に思いながら作成してました
オフホワイトでもないベージュでもない微妙な色で、野暮ったくなりそうだなあ…とドキドキしながら作成

生地があまりにも地味〜だったので、ボタンの色を変えて遊んでみました
でもどう見ても「森のなかの絵描き屋さん」か「森のなかの合唱団」みたいなスモックだよね(笑)

袖まわりにも襟まわりにもたくさんギャザーが入ってます
ギャザーを寄せながらバイアステープで包むっていうのはなかなかたいへんな作業ではあるのだけど、ちょっとは上達したかなあという気はします

おそるおそる娘に見せたのですが、「いいんじゃない♪」と気に入ってくれたようす
私に気をつかっているだけかもしれないけど、着てもらえるとほっとします

この布はさておき、こういうギャザーがいっぱい入るパターンは無地で作ったほうがかわいらしい気がするなあ
今の季節にピッタリのパターンなのでたくさん着てくれるとうれしいです
でもこういう薄い色って汚れが気になるんだよね

ほそパンツ120サイズ3本

金曜日, 10月 24th, 2014

先日作った長ズボン、翌日ビリビリになってしまったので、あわてて作りました
すべてデニム地で、インディゴブルー・ライトブラウン・ブラックの3色

ウエスト部分は手持ちのニット地を使用
半端なニットが使えるのが何より魅力です
後ろポケットにはちょっと幼いピスネームを挟みましたが、これが息子に不評で「取って〜」と大騒ぎ
でも取らない、取るもんか!!
これは私の自己満足(笑)

かなり激しい劣化が予想されるので、今回めちゃくちゃ丈夫に作りました
膝部分に布を当てて三重にするのはもちろん、あらゆるところをダブルステッチにしたよ
おかげでミシン糸の消費量がすごかった…

かなり気合いを入れて丁寧に作ったせいもあり、なんだかすごーく上手にできた気がする♪
ずっと飾っておきたいような、息子には履かせたくないような、本末転倒な心境です

パターンはポルカドロップスの「かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 」のほそパンツなのだけど、このパターン、すごくシルエットがきれいでカッコいいのが気に入っています
息子は細くて足が長いほうなので、履いている姿を見るとうっとりしてしまう♪
サイズが130までしかないのが残念です

それにしても子どもの成長とは早いものです
毎年作り替えなくちゃならないほど体が大きくなるなんてね〜
でもこれって親としては何よりの喜びでもあるのよね♪

子どもの成長とともに私のソーイング技術も上がっていったらよいなあ

膝当て付きのほそパンツ120サイズ

土曜日, 10月 18th, 2014

息子の長ズボンを作りました
先日そろそろ涼しくなってきたから冬服を出したら長ズボンが1本しかなくて、去年たくさんつくったはずなのに…と記憶を辿ってみたら、膝に穴が開きまくって処分したのを思い出してね…
まだまだ半ズボンでも行ける季節なのだけど、息子は長ズボンが好きみたい
それであわてて作りました

パターンはポルカドロップスの「かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 」の細パンツ

ウエストは肌触りを考えていつものごとくニット地で…

お尻のポケットは余り布のレッド系チェック
春じゃないのに「Spring field」と書かれたどうでもいいタグを縫いつけ、統一感のないピスネームも挟んじゃったっていうかなり適当なズボンに仕上がりました

今回のズボン、毎回毎回すぐに膝に穴が空く対策のため、膝が当たる部分に裏側から布を当て、三重にしました
これなら当分は持つだろうとかなり満足の仕上がりでした

翌日、早速履いてくれて、なかなかかっこよくて私も息子もルンルンでした
後ろに写っているキッチンマットとポケットの布が一緒ていうのがステキでしょ♪

この日私は旗当番で、学校近くの大きな交差点に立ち、子どもたちが横断歩道を渡るときの安全を守っていたのですが、息子たちの通学団がやって来ると、半泣きの息子の姿が…!!
話を聞くと、「お母さんの作ったズボン、もう破れちゃった」とのこと
見てみるとお尻のところが大きく裂けてパンツが丸見えになっていました
一体どうやったらこんなふうに破れてしまうのか見当もつかずびっくり…
パンツが見えていて上級生から笑われたのも嫌だったし、せっかく作ってもらったズボンが破れたのが悲しくて泣いてしまったようでした
旗当番が終わった後学校に替えのズボンを届けましたが、それまでずっと腰に上着を巻いて破れたズボンを隠していたらしいです

それで、なれの果てのスボンがこちら〜

もうこれは修正きかないね…
膝当て付けたからこれまでのズボンよりも持つだろうと思っていたのに、完成して1日も経たないうちにこんな状態になろうとは…トホホです
秋らしいズボンになってよかった〜と思っていたのに、かなり残念
でもしょうがないですね
たぶん釘か何かにひっかけたんだろうなあ

ちなみに、娘に作ったレギンスも履いていった次の日にお尻の縫い目がびよーんと広がり、下のパンツが透けて見えるようになってしまってました

股下のところはロックミシンだけだとどうも強度が弱い気がするのよね
ふつうのミシンで縫い合わせてからロックをかけたほうがいい気がします

息子のズボンを作れそうな布がないので、近々買いに行かねば…

グレーチェックの親子おそろいパジャマ

木曜日, 10月 16th, 2014

以前作っただんなさんのパジャマのウエスト部分の布が薄くなってきたので、大塚屋で激安な布を買ってパジャマを作りました
そしたらかなり布が余り、それじゃあ息子のパジャマも作ろうかと思い、最近やっとこ完成

だんなさんのパジャマは1年くらい前に完成していて、息子のパジャマは先日やっと完成し、やっとおそろいパジャマとなりました

布はかわいくも何ともないパジャマにはよくありがちなギンガムチェックです
280円/mという安さ!!!
去年やっていた「キョウリュウジャー」にハマった息子が「キョウリュウグレー」のキャラクターが好きになり、なんでもかんでも「グレーがいい」と言っていたのでちょうどいいやと思っていたけど、すでに番組は終わり、息子の関心も薄れてますが、まあよいかと…

さてさて、このパジャマ、実ははじめて職業用ミシンでボタンホールに挑戦した記念すべきパジャマなのよ♪

一体どうやってボタンホールを作るのか、全然イメージが掴めないまま、説明書どおりに器具を取り付けておそるおそるフットコントローラーを踏んで…という感じでした
やってみた感想は、家庭用ミシンよりも安定感がある気がします
針ではなく布を動かしてボタンホールを作るというしくみで、はじめはちゃんと布を動かせるんだろうか…と心配だったのだけど、さすが職業用だけあって、安心感のある作業となりました
フットコントローラーでスピード調節しながら縫い進めるので、その点も安心だったわ

ただ、「はい、これで完成」っていう終わりはなく、必要に応じて何周か縫うので、どこで終わっていいか迷ってしまいました
とりあえず今回は2周で完成とさせましたが、何周縫うのがよいんだろうかね…

ボタンホールはうまく行ったんだけど、リッパーで穴を空けるときにうっかりやってしまった…
痛々しい傷跡が…トホホ

手縫いで繕ってナントカ完成しましたが、イヤイヤ…新しいことに挑戦するってこの年になるとびくびくしてしまいます
でも職業用ミシンのボタンホール、使いこなせそうな気がしています
これからはボタンホールのある服もじゃんじゃん作っていきたいわ

ただひとつ、難点が…
ボタンホールの器具をつけるのはなかなかの手間です
家庭用ミシンのようには行かず、マイナスドライバーと格闘しながら取り付けるって感じ
毎回この作業をするのはけっこうめんどくさいなあと思うけど、もうすぐ家庭用ミシンは私の手元から羽ばたいていくし、これしかないのよね
職業用ミシンを買った人が、それまで使っていた家庭用ミシンはボタンホール専用にして使ってるって聞くけど、そうしたい気持ちはよくわかります

エコバッグ大・小セット+きんちゃく袋

火曜日, 10月 14th, 2014

だいぶ前に母に作ったエコバッグは祖母に取られてしまい、その後私があげたエコバッグは生地が厚くてがさばるらしく、「もっと薄い生地でエコバッグ作ってよ」と頼まれて作りました

生地は実家でウン十年眠っていた布からチョイス
エコバッグにはもったいない花柄かなと思ったのだけど、だからこそステキなエコバッグになった気がします

ついでに…ってわけじゃないけど、自分用のエコバッグも作成
大小お揃いのがほしかったのよね

ドット柄とチェック柄がリバーシブルになっている生地なので、内側もかわいらしい♪

大・小と2つあるので、収納用のきんちゃく袋があったほうがいいかなと思い、作成
私用のエコバッグは生地がちょっと厚めなので、けっこうでかくなってしまいました
母が「がさばる」と言ったのもわかる気がする…

エコバッグは直線縫いばっかりで失敗がないのがうれしいです
けっこう布地も使うし、在庫を減らすにはモッテコイ
プレゼントにもモッテコイです

ピクニックシート

日曜日, 10月 12th, 2014

ナイロン防水シートでピクニックシートを作りました

ひとつめはオレンジとブルーとグレーのタグ柄…っていうんでしょうか

ふたつめはソレイヤードっぽいブルー系の花柄です

ソレイヤードっぽいほうは隅にタグを縫いつけてみましたが…タグにアイロンをしたら端のほうがちょっと溶けてしまった…

実はこのナイロン防水シート、子どもたちのポンチョを作ろうと買ったものでした
でも買ってからちょっと分厚すぎてポンチョには向かないなあとわかって、使い道もなくタンスの肥やしになっていたのよね
けっこういい防水シートだし、どうにか形にしたいと思っていたのだけど、できたらドカンと大物を作って一作で使ってしまいたい!!と思っていました
二つ折りにしてまわりをぐるぐるっとバイアステープでくるんでしっかりしたピクニックシートの完成♪
作り方は簡単だけど、なんせ150x150cmというサイズなので、大きくてうんせこらせ…と奮闘しました
これまで使っていた市販のピクニックシートは長方形なので意外と不便だったのですが、このサイズの正方形だと4人座ってお弁当を広げても十分な大きさで重宝しそう

ひとつはお友だちの誕生日プレゼントに送り、もうひとつは家で使おうかなあと思っています

Polar Bearのバッグとブックカバー

水曜日, 10月 8th, 2014

いつぞやに布伝説に行って買った布が、やっと形になりました

なんてことはないふつうのレッスンバッグですが…

生地はスターバックスのマークっぽいシロクマ柄
この何とも言えない表情が「買って〜」と私に訴えていたのよ

本当は底の部分がダークグリーン地の白ドット柄になるようにプリントされていたのだけど、逆三角形のPolar Bearが上に来すぎてしまうのがイマイチで、ドット柄は裁断して持ち手にしました

内布は草色の帆布を使用
内ポケットには持ち手と同じドット柄を使用

今回内布に帆布を使い、接着芯は使わなかったのだけど、このほうがいいです
接着芯を貼るのってけっこう難しいんだよね
シワになっちゃったり、一ヶ所だけ剥がれちゃったり、布が縮んだり接着芯が縮んだり、けっこう苦戦していますが、帆布なら接着芯なしでもピシッとしてくれる♪
丈夫だし、これからはこれで行こうと思っています

職業用ミシンの素晴らしさも実感
これまで40番手の糸を使うと、裏側の縫い目がきれいに出なくて、うーんと思うことがあったのだけど、職業用ミシンだと縫い目がきれいに出るのよね
これはかなりうれしいです
やっぱりボビンが水平じゃなくて垂直なのがよいのかも…
厚くなっているところもなんのそのとぐんぐん進んでいくのが頼もしい
職業用ミシンを使うとソーイング技術が3割増になった気がしてしまいます

布が余ったので、ブックカバーも作りました

内布はバッグと同じ帆布だと厚すぎるので、以前娘の帽子を作った余り布を使用

そうそう、ミシンの話のついでに、例の修理ミシンの件
先日電話があって修理が終わって戻ってきたんだけど、修理代27,000円+消費税でした
ううう…なんて痛い出費なのでしょう
もうこのことは早く忘れたいです
「タダより高いものはない」と言うけれど、「タダで譲るのも安くない」と実感
従姉妹のところへ送るのは怖いので持って行こうと思っているのだけど、お互いの予定がなかなか合わず、渡すのは先になりそう
家においておくと何もしなくてもまた壊れそうな強迫観念に襲われている私
早く無事に引き渡したいです

くじら柄ダブルガーゼの半袖シャツ120サイズ

土曜日, 10月 4th, 2014

夏休み前に裁断して放置してあった半袖シャツ…秋になってからやっと完成しました
パターンはポルカドロップスの「かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服」の角衿シャツ

生地はワインレッド地にクジラ柄のダブルガーゼです

いつものごとく、生地が足りずに台襟の内布は別のダブルガーゼを使用

ボタンホール作成恐怖症の私はスナップボタンに依存
職業用ミシンと一緒にボタンホールキットも購入したんだけど、まだ使うのが怖いのよね…
(これまで使ってた家庭用ミシンは入院中だし…)

ド派手なシャツなので、さりげなく「何かつけたい」と思い、背中のヨーク部分にパタレさんのタグを縫いつけてみました
パターンはパタレさんのじゃないんだけどもね〜

あとになって、「やっぱり胸ポケットほしいなあ」と適当な大きさでポケットを縫いつけましたが…はさんだピスネームがちょい下すぎたのがイマイチです

まだちょっと大きいのだけど、息子が着るというので着せていますが、こういうシャツってジャストサイズじゃないとかわいくないのよね
大きめで着てるとアロハシャツのようなパジャマのような雰囲気に見えます
この布、かわいらしい柄なんだけど、色が渋めでクジラ柄が細かいので、遠目に見ると和柄のシャツに見えてしまうのがちょっと残念
生地選び、ムズカシイネ

でも、ダブルガーゼのしっかりシャツは肌触りがいいけどきちんと見えていい感じ
手間はかかるけど、けっこう好きだなあ

台襟付きのシャツ作成もだいぶ慣れてきた気がします
何事も数をこなすことだなあと思います