Posts Tagged ‘polka drops’

ライトブルージーンズの10年パンツ140サイズ

土曜日, 3月 23rd, 2019

先日また友だちと大塚屋に行ってしまい、息子のズボンによさそうなジーンズ地ハギレをゲットしたので、さっそく作成しました

生地はけっこう明るいライトブルージーンズ地
なんとなく、昭和初期な感じがしますが、まあよいかと

明るいブルーなので、「マリン?」な雰囲気かなとアンカー柄のピスネームをはさみました

ハギレだったので、ウエスト部分の生地が取れず、ネイビーx白ボーダー天竺ニットを使用
ピスネームのアンカー柄と共にマリン風を演出

なかなか上手にできたのではないかと思ってますが、最近ジャージ生地がお気に入りの息子が履いてくれるかどうか…
どんな感じか見たいから履いてよ〜とお願いしたら、ちょっとだけ履いてくれたけど、すぐ脱いでしまって、タンスの肥やしにならないか心配です

パターンはpolka dropsの10年パンツです

ブルージーンズの10年パンツ140サイズ

日曜日, 10月 28th, 2018

息子用に作った10年パンツです
生地はお店で安くなっていたストレッチデニム
ちょっと青すぎかなあと思ったのだけど、安かったので(笑)

後ろポケットはタックを入れずにシンプルにしました

ポケットにはピスネームをはさみましたよ

ステッチはオレンジ色で、「ザ・ジーパン」という仕上がりになりました

この布、安かったのにはわけがあり、折っているところに色褪せがあったからです
でもうまいこと色褪せしているところは避けて裁断できたので問題なし
ただ、「すごく色落ちします」と言われたので、作成してからこのズボンだけで洗濯しました
たしかにすごく色が出た…縫っているときにも手に色がつくくらいでした
でも一度洗ってからは色落ちは気になりません
色落ちするもの=縮むという気がしていたのだけど、たしかにちょっと縮んだかなという感じはします
ちょっと足首出るくらいで、もうちょっと長いほうが私は好きなので、息子が履いている姿を見ると「うーん」と思ってしまいますが、本人は全然気にしていないみたいだし、それほどおかしくもないので、まあよいかなと…

140サイズの長ズボン、この秋3本作りました
とりあえず、来年の夏までは大丈夫!!

型紙はpolka dropsさんの10年パンツです

ベージュの10年パンツとカーキの10年パンツ140サイズ

土曜日, 10月 13th, 2018

冬に向けて息子のズボンを作成しました
型紙はpolka dropsさんの10年パンツです

まずはベージュの10年パンツ

生地は厚めのストレッチ地
ほんのり起毛していてちょっとスウェードっぽい

後ろのズボンにはアンカーマークのピスネームをはさみました
これあるのとないのとでは満足感が全然違うから不思議

見えにくいですが、ポケットの内布にはブラックウォッチを使いました
こういう見えないところにポイントがあるのって大好き♪

もうひとつは、カーキ色の10年パンツ
かなり渋いカーキ色でしかもニット(そして安っぽい、いや本当に安かった!!)でおじいちゃん感ムンムンなので、裾にブラックウォッチの布を縫い付けてちょっとかわいらしくしてみました

この布…たしか300円/mくらいでした
なんか勢いで買っちゃったけど、全然使えなくてずっとタンスの肥やしになっていました

後ろポケットはレシピ通りに作りましたが…なんか間が空いちゃってかっこ悪くなってしまったわ…
まあいいか〜

膝裏には布を縫い付け、補強&伸び防止
このニット地、全然ほつれないのでロックミシンで端処理をせずに済ませてしまったけど、よかったのかなあ〜

とりあえず2本作ってほっとした!!
手持ちのズボンと合わせてこの冬十分すぎるほどのストックができて、たとえ破れるズボンが出てきても大丈夫そうです

膝当て付きのほそパンツ120サイズ

土曜日, 10月 18th, 2014

息子の長ズボンを作りました
先日そろそろ涼しくなってきたから冬服を出したら長ズボンが1本しかなくて、去年たくさんつくったはずなのに…と記憶を辿ってみたら、膝に穴が開きまくって処分したのを思い出してね…
まだまだ半ズボンでも行ける季節なのだけど、息子は長ズボンが好きみたい
それであわてて作りました

パターンはポルカドロップスの「かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 」の細パンツ

ウエストは肌触りを考えていつものごとくニット地で…

お尻のポケットは余り布のレッド系チェック
春じゃないのに「Spring field」と書かれたどうでもいいタグを縫いつけ、統一感のないピスネームも挟んじゃったっていうかなり適当なズボンに仕上がりました

今回のズボン、毎回毎回すぐに膝に穴が空く対策のため、膝が当たる部分に裏側から布を当て、三重にしました
これなら当分は持つだろうとかなり満足の仕上がりでした

翌日、早速履いてくれて、なかなかかっこよくて私も息子もルンルンでした
後ろに写っているキッチンマットとポケットの布が一緒ていうのがステキでしょ♪

この日私は旗当番で、学校近くの大きな交差点に立ち、子どもたちが横断歩道を渡るときの安全を守っていたのですが、息子たちの通学団がやって来ると、半泣きの息子の姿が…!!
話を聞くと、「お母さんの作ったズボン、もう破れちゃった」とのこと
見てみるとお尻のところが大きく裂けてパンツが丸見えになっていました
一体どうやったらこんなふうに破れてしまうのか見当もつかずびっくり…
パンツが見えていて上級生から笑われたのも嫌だったし、せっかく作ってもらったズボンが破れたのが悲しくて泣いてしまったようでした
旗当番が終わった後学校に替えのズボンを届けましたが、それまでずっと腰に上着を巻いて破れたズボンを隠していたらしいです

それで、なれの果てのスボンがこちら〜

もうこれは修正きかないね…
膝当て付けたからこれまでのズボンよりも持つだろうと思っていたのに、完成して1日も経たないうちにこんな状態になろうとは…トホホです
秋らしいズボンになってよかった〜と思っていたのに、かなり残念
でもしょうがないですね
たぶん釘か何かにひっかけたんだろうなあ

ちなみに、娘に作ったレギンスも履いていった次の日にお尻の縫い目がびよーんと広がり、下のパンツが透けて見えるようになってしまってました

股下のところはロックミシンだけだとどうも強度が弱い気がするのよね
ふつうのミシンで縫い合わせてからロックをかけたほうがいい気がします

息子のズボンを作れそうな布がないので、近々買いに行かねば…

グレイッシュピンクのニットカーディガン

金曜日, 11月 30th, 2012

ニットソーイングはあまり気乗りしない私ですが…頑張って娘のニットカーディガンを作ってみました
布はCheck&Stripeのもの…
お友だちがカットソーを作り、その余り布をいただきました
このカーディガンがギリギリできる大きさで、裁断には頭を使いましたよ

参考にしたのはPolka dropsの「かんたんすっきり おんなの子服おとこの子服 」に載っていたニットカーディガンのパターンです

ボタンは先日祖母の部屋を掃除していたときに大量のボタンを発見し、その中から娘が選びました

ポケットは身頃に縫い合わせてあります
スッキリしてよいです

娘にはちょっと地味すぎる色なんじゃないかと思い、ポケットの内布は少々派手な小花柄を合わせました

襟の端はジグザグミシンで処理…となっていたけど、なるべく縫い代は見せたくないのでバイアステープでくるんで処理
アクセントにもなってけっこうお気に入りです

調子に乗った私は見返しにも小花柄を使っちゃった♪
ちょっとくどかったかなと思いつつも、着ているときにはあまり見えないところなのでよしとします

全体的に「私にしてはなかなかの出来なんじゃないかしら♪」と思ってはいますが、ニットソーイングはやっぱり難しい
袖ぐりを縫うのに一苦労し、こんなふうになってしまいました

洗濯を重ねるうちに馴染んでくるのを祈りつつ、ほかってありますが、美しくないことこの上ないです

ニット地で服を作ると、「服です」って感じがして、「やっぱり服はニット地だよね〜」と思うのだけど、普通のミシンでは限界を感じるのよね
やっぱりロックミシンがほしい…と思ってしまいます
ロックミシンがあったら作れるものの幅も広がるし、縫い代の始末も美しくできるし…
でも果たして私に使いこなせるのかは不安だし、なかなか値の張るものだし、置き場所も考えなくちゃ行けないし…などなどと考え出すと、なかなか手が出ないでいます