ネイビーセーターのダーニング修繕

セーターに穴が空いたので、ダーニングで塞いでみた
使ったのがモヘヤの赤い毛糸で太さまちまちだし、うねってるし、四角のつもりがヘンテコな形になり、リンゴに見えなくないかなとリンゴに変更
葉っぱをつけてリンゴらしくしようとしたら、使った毛糸が太くて、リンゴから飛び出した太っちょアオムシみたいになってしまった
逆さにしたらキノコに見えたのでキノコということで落ち着いた

笠に白ドット柄でもつけてよりキノコらしくしようとしたけど、これ以上よけいなことをするとキノコでなくなりそうなのでやめた

ダーニング修繕、単に修繕するだけじゃなくてワンポイントになるものに仕上げるのはなかなか楽しいけれど、けっこう難しい