「銀河鉄道の父」門井慶喜

数年前に読もうと思って手にした「銀河鉄道の父」を今頃読了
宮沢賢治の父・宮沢政次郎目線でのお話で、どれくらい事実に基づいているのかなと思い、時折宮沢賢治の経歴なども見つつ読み進めた
多少の違いはあれど、かなり事実に沿っている内容みたい
宮沢賢治というと、素朴で自然を愛し、贅沢を好まず、質素に暮らしているイメージがあったけど、実は裕福な家に育ち、父に金の無心をしたり、あくせく働かずにやりたいことをやって過ごし、仕事もそう続かず、急に何かにのめり込んだり、さまざまな作品を残すことができたのは、実家の経済的支援があったからであるということは、私が持っていたイメージとはだいぶ違っていて意外だった
政次郎は、その時代の男性の役割やふるまいが求められていることを踏まえた上で、子どもに付きっきりで看病したり、求められれば仕送りをしたり、愛情を行動に出していて、ときにさすがにそれは甘すぎないかい?と感じたり、政次郎の賢治を思う親心がひしひしと感じられ、それを知ってか知らずか、賢治が政次郎をなにかと頼りにしているのを「おいおい」と思ったり、いつの時代も「親心子知らず」なのかなと…
父親からの目線で見る賢治は、きっと宮沢賢治そのものを知るのとはまた違った見え方がするんだろう
読み終えて、宮沢賢治とはどういう人だったのか知りたくなり、また賢治の作品をもう少ししっかり読んでみたくなっている
賢治の弟が賢治について書いた手記もあるようなのでこちらも合わせて読んでみたい
しばらく頭の中が宮沢賢治ワールドになりそうな予感