ネイビーセーターのダーニング修繕

セーターに穴が空いたので、ダーニングで塞いでみた
使ったのがモヘヤの赤い毛糸で太さまちまちだし、うねってるし、四角のつもりがヘンテコな形になり、リンゴに見えなくないかなとリンゴに変更
葉っぱをつけてリンゴらしくしようとしたら、使った毛糸が太くて、リンゴから飛び出した太っちょアオムシみたいになってしまった
逆さにしたらキノコに見えたのでキノコということで落ち着いた

笠に白ドット柄でもつけてよりキノコらしくしようとしたけど、これ以上よけいなことをするとキノコでなくなりそうなのでやめた

ダーニング修繕、単に修繕するだけじゃなくてワンポイントになるものに仕上げるのはなかなか楽しいけれど、けっこう難しい

作業着のダーニング修繕

夫の会社の作業着を修繕
ダーニング修繕、糸の張り具合が難しい
気をつけているつもりでも、たるむのがいやで引っ張りすぎてしまい、真ん中が縮んでしまうことが多い

小さな穴の修繕は、形が歪まないよう気をつけて糸を通して、はじめて真四角にキレイに出来上がった
縦糸はたるまないようにしたほうがいいけれど、横糸は引きすぎないほうがよいみたい
修繕する面積が大きくなると歪みやすくて難しい

ペールネイビーセーターの修繕

にゃんこが嫌がらせでかじって穴の空いたセーター
一度ゴミ箱に入れたが、直せる!!と引っ張り出し、昨夜夜なべをして修繕
ちょうど肘のところなので、こういうのあるじゃん♪

ステッチはあえて目立つ糸を使ってみた
セーター→ペールネイビー
当て継ぎ布→パープル
ステッチ糸→キャメル
捨てずに済んで満足
着るのが楽しみ
まだまだ着てやる